スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania オイル

20 年にわたる試験

より優れた性能と少ないオイル交換頻度

オイルは車両において最も重要なコンポーネントの 1 つです。 しかし、オイルの品質は、使用する場所によって大幅に変わる場合があります。 そのような理由から、弊社は 20 年にわたり Scania オイルの試験と開発に熱心に取り組んできました。

Scania オイルを使用すれば、車両のライフ サイクルを通じてオイルの品質を保証できます。つまり、長距離走行において摩耗を防ぎつつ、寿命の延長とコストの削減を実現できます。 弊社のすべての新品エンジンには、工場ですでに Scania オイルが充填されています。 また、お客様が Scania ワークショップで車両をメンテナンスする際には、弊社サービスの一環として Scania オイルが充填されます。 

欧州自動車工業会 (www.acea.be) は、Euro 1 ~ Euro 6 の排出ガス要件を満たし、かつ過酷な条件下で駆動する高性能ディーゼル エンジンに対して、最高グレードの ACEA E9 オイルを推奨しています。 DPF 搭載または DPF 非搭載のエンジン、および SCR NOx 還元システムを搭載するほとんどの EGR エンジンには、ACEA E9 オイルが適しています。 

弊社では、数多くの ACEA E9 オイルの実地試験を行った上で、Scania オイルに関する厳しい基準であるロング ドレーン フィールド (略して LDF) 試験基準を作成しました。
弊社では、数多くの ACEA E9 オイルの実地試験を行った上で、Scania オイルに関する厳しい基準であるロング ドレーン フィールド (略して LDF) 試験基準を作成しました。

ロング ドレーンとは、オイルとエンジンの試験を 2 倍の走行距離で実施することを意味します。 たとえば、一般的な長距離運搬トラックであれば、通常は 60,000 km ごとにオイル交換が必要となるため、ロング ドレーンの試験ではオイルを抜いてエンジン部品を検査する前に、155,000 km の長距離運搬についてオイルの試験を実施しました。

エンジン用 Scania オイル

Scania オイル、E7、Engine 15W-40
Scania オイル、LDF-3、Engine 10W-40
Scania オイル、LDF-3 FS、Engine 5W-20
Scania オイル、LDF-4
Scania オイル、Low Ash (低灰分)、Engine 10W-40
Scania オイル、Engine BEO-2

Scania オイル LDF-4 – 次世代オイル

Scania LDF-4 には、最新の高性能エンジン オイル技術が採用されており、最新技術のエンジンにおけるパフォーマンスを最適化することに重点が置かれています。 LDF-4 の交換間隔およびオイル消費量は LDF-3 10W-40 と同じですが、燃料消費がさらに 0.5% 削減されます。

これにより、DPF (ディーゼル微粒子捕集フィルター) の交換間隔は約 2 倍になります。

Scania Euro 6 車両には工場で LDF-4 が充填されます。また、LDF-4 は D13 および D9 (Euro 1 ~ Euro 6) のガス エンジンに対しても承認されていますが、V8 に対しては制限があります。