スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

安全性

すべての道路利用者にとっての安全性

Scania では、継続的に車両の安全性を向上させることに努めています。 ドライバーのためであると同時に道路を利用する人々のためにも。 それらの課題はさまざまであるため、安全性に関する新しい視点を加えたソリューションも多様なものになります。

高い衝突基準 - Scania のキャブ全体の構造は、構造的強度、インスツルメント位置、衝撃力の分散を含む、卓越した衝突性能を備えます。 そして、衝突時に乗用車が車両の下に潜り込むリスクを大幅に低減します。スウェーデンの衝突試験基準は、世界で最も厳しい基準の 1 つです。 Scania の Next Generation モデルはその基準を楽々とクリアしており、新しいキャブ構造は傑出した衝突性能を発揮します。

サイド カーテンエアバッグ - Scania のロールオーバー エアバッグは、転覆事故の最も深刻な被害の 1 つである、ドライバーや同乗者が衝突で負傷したり、自分の車に押しつぶされたりするのを防止することを目的としています。Scania の新しい P、G、R および S キャブのほか、CrewCab でも利用可能です。※日本未発売

迅速な反応 - Scania ブレーキパッドは、ブレーキディスクの特許取得済み合金に対して最適化された独自の摩擦素材で構成され、一貫したブレーキ挙動で最大限の耐用年数を確保します。 強化されたブレーキ キャリパーでは、ブレーキ作動が改善と、フロント アクスルの位置の改良によって、Scania トラックの制動距離が大幅に向上されました。

トラブルは発生する前に発見 - Scania のキャブは、フロントとサイド方向に開けたパノラマ ビューを提供します。 より細くなった A ピラー、低くなったサイド ウィンドウとインスツルメントパネルにより、ドライバーの視認性が強化されます。 周りが暗くなる時間帯には、夜間照明機能を使用して、反射やその他の障害を回避できます。 ハイ マウント スポット ランプがサン シールドに組み込まれているほか、補助ライトとして、悪天候向けのフォグランプやスポットランプが設定されています。また、さまざまなレベルのカメラ システムを使用すると、より安定した安全性、視認性、利便性を確保できます。

交通安全を確保するための設計

長年にわたる綿密な研究、デザインやテストの成果として、Scania の車両は群を抜いて安全であることが証明されています。 その達成に大きな役割を果たしているのが、Scania 車両に採用されている革新的なセーフティおよびサポート システムです。

ドライバー サポート

ダッシュボードで、ドライバーは Scania のドライバーサポートツールからのリアルタイム フィードバックを受信します。これは、ブレーキ、加速、およびギヤチェンジが燃料消費と運転の安全性にどのように影響するかをドライバーに示すものです。

電子制御式安定走行プログラム (ESP)

Scania の電子制御式安定走行プログラム (Electronic Stability Program: ESP) は、安定した走行に関する主要なパラメーターを監視し、必要時に適切なコントロールを発動させることで、ドライビングの安全性を向上させます。 緊急事態や過剰な速度が原因で、走行状態が不安定化することがあります。 その中でも、トラクターとセミトレーラーの組み合わせは、ドライバーによるコントロールが一瞬失われるだけでも大きな事故や非常に高額の損失につながる危険性があります。 Scania ESP は、アンダーステアリングやオーバーステアリングが発生しやすい雨などで滑りやすい路面や、過剰な速度やカーブでの逆キャンバーに起因する横転のリスクのある乾いた路面で機能するように設計されています。

シティー ウィンドウ

助手席ドアの下部にあるヒーター付きのシティーウィンドウにより、車両脇の状況をよりクリアに見ることができます。 P シリーズおよび L シリーズで選択できるこのウィンドウにより、目視でサイドの様子を確認することができます。損傷や事故のリスクが削減されるため、安全性を保ったままより効率的な運転を行うことが可能になります。

エリア ビュー HD 360° カメラ システム

Scania のエリア ビュー カメラ システムを使用すると、すべての状況をよりクリアに見ることができます。 車両の前面、背面、および側面を連携して映し出す 4 台のワイドアングル 720p HD カメラにより、全方向 360° の視認性を得られます。

アダプティブ クルーズ コントロール (ACC)

アダプティブ クルーズ コントロール (ACC) では、ドライバーが前を走る車両との車間距離を手動で設定できます。 トラックは、速度が遅い車両に追いつくまで、クルーズ 速度を保持します。次に、その他の車両に合わせてトラックは速度を落とし、事前に設定しておいた車間距離を維持します。 前方の渋滞が解消すると、選択したクルーズ速度に戻ります。 安全かつ簡単に使用できるように設計されたクルーズ コントロールです。

側面検知

側面検知では、ブラインド スポットで物体を検出するセンサーにより、すべての路上での安全性が向上します。 危険な状況では、ドライバーに警戒態勢を取らせるために A-ピラーの LED が点灯します。 ドライバーはこの機能によって常に周囲の状況を認識できます。

すべての状況下で発揮される安全性

Scania AEB ブレーキ システムによって、衝突リスクがどれだけ低減されるかご覧ください。

長い期間をかけて培った安全性
 

Scaniaの車両にとって安全性が最も優先されます。 その開発の歴史を通して、Scania は、ドライバーと路上の他の車両や歩行者などの安全性を確保する新機能を常に追加してきました。 マイルストーンの一例をご紹介しましょう:

 

1961 年 - キャブの衝撃試験 (法律で規定された基準を上回る)

1968 年 - パワーステアリング

1984 年 - アンチロック ブレーキ システム (ABS) のブレーキ

1995 年 - エアバッグ

1996 年 - 全面にディスクブレーキを備えたエレクトロニック ブレーキング システム (EBS)

2004 年 - 電子制御式安定走行プログラム (ESP)

2016 年 - サイド カーテンエアバッグ