スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

PHEV

プラグイン ハイブリッド トラック

プラグイン ハイブリッド トラックには、電動パワートレーンと従来の内燃機関パワートレーンの両方の力が生かされています。両方を備えることによって、必要に応じて排出ガスゼロの運転が可能となると同時に、HVO やバイオディーゼルで作動させることでかなう広い可動範囲を確保することができるのです。 また、コネクテッドサービスを組み合わせることで、地理や時間的スケジュールの情報に基づいて内燃機関と電気駆動を完全自動で切り替えることも可能です。

仕様

ホイール構成
4x2、6x2、6x2*4

軸間距離                    
4350 ~ 6350mm

キャブのオプション
P、L
 

パワートレーン、バッテリーと充電

内燃機関
DC09 – 9 リットル直列型 5 気筒エンジン
280 ~ 360 HP

エレクトリック駆動力
オイル スプレー冷却搭載の永久磁石電動機。

- 130 kW(ピーク時)

- 115 kW(連続運転時)

バッテリー容量
90 kW/h (設置済み)

充電
CCS タイプ 2 プラグイン接続 (最大 95 kW/145 A DC)

GTW
最大 29 t

 

柔軟な運行 - 街なかの配送や輸送用途において、静かで排出ガスゼロの運転が可能であるという利点だけでなく、内燃機関トラックの柔軟性と可動範囲も備えています。 これは、フリートの電化を始めるにあたり、現時点において最も実現可能な方法ではないでしょうか。

利用の増加 - 排出ガスと騒音に関する厳しい規制を発表する都市が増えています。 プラグイン ハイブリッド トラックは、事業を継続するのに役立つだけでなく、交通量が少なく駐車場も空車の多い夜間の輸送にビジネスを広げることも可能にします。それによって、より効率的な輸送ができるのです。

高速充電 - ハイブリッド パワートレーンで、電気で最大 60 km の走行が可能です。回生充電と外部充電の両方を利用し充電を行います。 バッテリー容量の 80% まで充電するのに、たった 35 分しかかかりません。つまり、荷物の上げ下ろしの間に充電をすれば、街なかの配送ルートは完全に電気だけで走行できるということです。