スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units
発電用ソリューション
持続可能性

持続可能性

持続可能でかつパワフル

Scania は、お客様が信頼性の高い、環境に優しい燃料に切り替えるお手伝いをします。つまり、RME を混ぜた軽油、バイオガス、天然ガスなどのバイオディーゼルや 100% HVO で稼働するパワフルなエンジンを使用します。

Stage IV/Tier 4f テクノロジー

Scania は、日本の斜面を征服しながら、最も厳しい排出量削減に関する法律を通過します。

排出量削減

HVO で稼働

すべての Scania エンジンは、液化植物性オイル (HVO) で走行できます。HVO は、軽油と似た特徴を持つ代替燃料ですが、CO2 排出量を最大 90% 削減できます。 また Scania のエンジンの多くは、RME を混ぜた軽油、バイオガス、天然ガスなどの混合ディーゼルでも走行できます。

燃料を正確に提供

Scania XPI を使用することで、最適な燃料供給を確実にするための継続的で正確な調節が可能な燃料噴射システムを手に入れたことになります。 システムは、ボリュームと噴射のタイミングと変化させて、トルクの立ち上がりを制限することなく燃料消費と排気ガスを最小限に抑えます。

コントロール可能にします。

当社は Scania EMS (エンジン マネジメント システム) を開発して、排出ガスと同様に、燃料噴射から排出ガス後処理まで、エンジンのパフォーマンスのあらゆる局面を安全にコントロールできるようにしました。 また EMS は高度な診断機能も提供しており、詳しい運用データを記録できるので後で分析できます。

NOx 排出量を削減します。

当社のエンジンは、吸気内に排出ガスを加えることで燃焼室内の排出量を EGR を使用して管理し、 NOx 排出量を削減します。 さらに、SCR テクノロジーは、後処理システムでの排出量を管理することで、トルクの立ち上がりを制限することがなく窒素酸化物を大幅に削減します。