スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

自動車技術

安全運転と、快適な作業環境と、燃料の節約

Scania のキャブは、何よりもまず、安全性を第一にして設計されています。 そのうえでさらに、人間工学、空気力学、信頼性の面で多数のテストを実施してきました。すべては、キャブの内外で可能な限り最高の運転環境を確保するためです。

空気力学

表面の形状は、すべての曲線部や外装品のパーツに至るまで、風洞テストによりリファインされ、空気力学的なパフォーマンスを最適化しています。 この方式によるデザインを経ているのは、総合的なキャブの形状も同じです。 たとえばキャブのフロント エンドは緩やかなテーパーを付けることで、空気抵抗を大幅に削減するくさび形のプロファイルになっています。

同じく空気力学的な検討がされるのは、横風に対するキャブの耐性です。 キャブの形状が大きな曲率のカーブで構成されているのはその対策であり、これは後方に巻き起こす乱流や内部に侵入する風切音の抑制効果も兼ねています。

その他には、空気力学的な最適化に大きく寄与するサイドおよびルーフ エア ディフレクターをキャブに装備するという手段も存在します。 

風洞
空気力学による広範なテストにより燃費経済性が向上

人間工学と快適性

ベストな仕事の秘訣は乗車後にリラックスして集中できること

Scania キャブのドライビング ポジションは、どのような人にでも対応できるようになっています。 調整可能なレンジは幅広く、ドライバーは自分にとってリラックスできるくつろいだポジションを見つけられるはずです。 またホイールのグリップを妨げないよう、主要なコントロール用の機構は指先が届く範囲内に配置されています。 ステアリング コラムについてもポジションの調整が可能です。 車両周囲の視界は良好で、まばたきを除いて必要となる動作は、軽く頭を動かすことくらいでしょう。

独自の曲線を持つ Scania のダッシュボードは、トラックに装備する設備機器数に応じて使い分けられるよう、現在 2 種類の長さを利用することができます。 すべては完璧にフィットするよう作られており、取り付けについては細心の注意が払われています。

キャブの安全性

あなたは常に守られています

アクティブ セーフティとは、トラックのドライブを可能な限り安全にしておくことであり、道路上に存在するリスクおよび、ドライバーを危険にさらす衝突その他の事故の可能性を最小化することが目的です。 アクティブ セーフティの中心となるのは、有用なフィードバックとコントロールをドライバーに与えることです。 そのために Scania は、視界性と安定性およびハンドリングとブレーキングを改善するための継続的な努力を続けています。

パッシブ セーフティで主眼が置かれているのは、衝突時の影響を最小限化するためのデザインであり、ドライバーだけでなく相手の車両の乗員への影響も考慮されています。 同じく、構造的な強度、インスツルメント類の配置、衝撃の分散法なども、検討の対象です。

視界

トラブルは発生する前に発見

Scania のキャブでは、フロントおよびサイド方向のパノラマ ビューが確保されています。 さえぎるものがなく遠方まで見わたせる良好な視界は、道路および接近する障害物の確認を容易にします。 個々のキャブには、リヤ方向の遠方および近距離の視界を最大化するため、取り付けポジションが慎重に検討された大型のアジャスタブル ミラーが装備されています。 視野と視線方向をより改善したい場合は、正面ディスプレイ モニターに投影するカメラ システムも利用可能です。

夜間走行時における道路上での安全確保のために装備されているのが、自動レベリング ハロゲン ヘッドライト、ターン シグナル、ポジション ライト、サイド インジケーターです。 フロントガラス上部にはハイ マウント スポット ランプがサン シールドに組み込まれていますが、悪天候下の補助光源としてフォグおよびスポット ランプも利用可能です。

品質

高い残余価額を保持

Scania の費用効果が高い理由の 1 つは、高品質のキャブが長期の使用に耐えるからです。 個々のキャブは、十二分な構造上の強度、高い品質の素材、包括的な耐食処理の成果であり、製造時の仕上げ処理は長く美しい状態を保持するようになっています。

Scania キャブの存在感を主張する独特の形状は、頑丈で堅固なスチール ケージを基にして製造されています。 その構造のデザインで考慮されているのは、事故発生時の過酷な衝撃に耐えてドライバーを保護すると同時に、周囲の他の車両に与えるダメージも軽減することです。

こうした細部にまでこだわった努力の成果が非常に高い品質に帰結することで、長期間にわたる連日の過酷な使用および事故発生時の衝撃に絶えられるキャブが完成するのです。