スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

安全システム

交通安全を確保するための設計

膨大な量に上る綿密な研究、デザイン、テストの成果として、Scania の車両は実際の環境での群を抜いて安全であることが証明されています。 その達成において大きな役割を果たしたのが、個々の Scania 車両に採用された革新的なセーフティおよびサポート システムです。

アルコールロック

責任感のあるドライバーが生命を守る

今日、運輸業にたずさわる関係者の多くが、サプライ チェーンの各ステップに従事するドライバーに対して飲酒検査を要求するようになっています。 問題発生時のコストだけを考えても、その正当性は明白でしょう。 また責任感のあるドライバーであれば、生命を守ろうとするはずです。

Scania のアルコールロックは、必要なタイプのデバイスを簡単に取り付けられるよう、工場渡しでご利用いただけます。 このアルコールロックでは、ドライバーに対してエンジン始動時にマウスピースを介して呼吸することが要求されます。 呼気からアルコールが検出された場合、スターターの作動がブロックされます。 使用地域の法令に準拠するため、設定変更は制限なしで実行可能です。

エレクトロニック ブレーキング システム (EBS)

Scania エレクトロニック ブレーキング システム (Electronic Braking System: EBS) は、ドライバーによるブレーキング コントロールを最大限に可能にします。 EBS では、ブレーキ ペダルを踏んだりリリースした場合に、ペダル踏力にストレートに比例して、瞬時にブレーキが反応します。 またブレーキ リリースが高速かつ同時に実行されるようになるので、燃料の節約および "ブレーキ ドラグ" の解消に寄与します。 ブレーキ ドラグは、同一アクスルでのブレーキ リリースがわずかに遅れることで発生します (従来型のニューマチック ブレーキング システムは電子式のシステムより低速な反応しかできません)。

EBS はあらゆる条件下で安定性を飛躍的に向上させ、緊急時の制動に伴う不要なストレスも大幅に軽減してくれます。 こうした俊敏でバランスと安定性に優れた反応は、従来の空気圧式システムでは、どんなに高度な技術を用いても実現不可能です。

俊敏なレスポンスと最大限の安定性

エレクトロニック スタビリティー プログラム (ESP)

危険な状況でドライバーをサポート

緊急事態や過剰な速度が原因で、走行状態が不安定化することがあります。 特にトラクターとセミトレーラーの組み合わせは、ドライバーによるコントロールが短時間失われるだけでも大きな事故や非常に高額の損失に帰結する危険性があります。

Scania のエレクトロニック スタビリティー プログラム (Electronic Stability Program: ESP) は、安定した走行の主要なパラメーターを監視し、必要時に適切なコントロールを発動させることで、ドライビングの安全性を向上させます。 このシステムが利用できるのは、電子制御式のディスク ブレーキが装備されたすべての 4x2 トラクターです。 その設計で対処が想定されている現象には、雨などで滑りやすい路面で発生しやすいアンダーおよびオーバー ステアリング、乾いた路面で過剰な速度や不適切なキャンバーが原因となって主として発生する横転があります。

タイヤ プレッシャー モニタリング (TPM)

適切なタイヤ空気圧の維持による燃料の大幅な節約

Scania のタイヤ プレッシャー モニタリング (Tyre Pressure Monitoring: TPM) は、車両のいずれかのタイヤで空気圧低下を検出するとドライバーに警告するセーフティ システムです。 これは走行中も機能し続けるので、事故の発生や車体の損傷の防止に役立ちます。

検出された各タイヤ空気圧の異常が、パンクの危険性がない程度の場合でも、TPM は即座にドライバーに警告します。 これは、転がり抵抗を最適化して、運用経済性の向上とタイヤ磨耗の抑制をするためです。 Scania TPM は、1 つの駆動アクスルを有する、すべてのトラックで利用できます。

カメラ システム

安全性、視界性、利便性の向上

フロント ビュー カメラは 30 km/h 未満の走行時に自動的に起動され、周囲に対する、さえぎるもののない良好な視界を確保します。 必要であればリヤ ビュー カメラを追加して、カバーする視界を広げることも可能です。 どちらの画像も、ドライバーの直前に配置されたモニターに表示されます。 こうして確保される視界により後方のブラインド スポットは解消されるので、首をひねってカバーする必要はありません。 狭いスペースへの進入や、バックやドッキングなどの動作をする際の支援システムとして、これほどシンプルかつ効果的なものは他にないでしょう。