スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

代替燃料

二酸化炭素排出量の削減

Scania の再生可能代替燃料として適格であると見なすためには、燃料のタイプが 3 つの重要な条件を満たしている必要があります。それは、CO2 を削減できること、市販されていること、適正な価格であることです。

HVO

硬化植物油 (HVO) は、燃料の物流、エンジン、排出ガス後処理装置、排出物質などを犠牲にすることなく、高品質のバイオディーゼル燃料を生成できる最新の方法です。

HVO は廃油、菜種油、ヤシ油、動物性油など、さまざまな資源から作ることができます。 このようなエネルギー源を使用することで、温室効果ガスの総削減量に大きな影響を与えることができます。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 90% 削減することができます。

バイオディーゼル

バイオディーゼル (FAME (脂肪酸メチルエステル)) は、菜種、植物、使用済み食用油など、さまざまな資源から作ることができます。 バイオディーゼルは、大量に入手可能な液体であるというメリットもあります。

環境に優しいバイオディーゼルは、主として軽油と混合して、または純度 100% の形で使用されます。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 66% 削減することができると予測されています。

バイオガス

バイオガスはさまざまな資源から生成できますが、最もコスト効率がよく最も環境に優しい方法は、地域の下水または廃棄物を使用する方法です。 バイオガスは天然ガスと同じ分子で構成されていますが、バイオガスは再生可能燃料であり、天然ガスは化石燃料です。 この 2 つは同時に使用できます。

液化天然ガス/液化バイオガスは、メタン ガスを冷却して液体状態にしたものです。 LNG の体積エネルギー量を軽油と比較した場合 1.7 倍となります。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 90% 削減することができると予測されています。

天然ガス

天然ガスは地殻の穴に存在するメタン ガスです。 個々のガス鉱床から、または石油抽出に関連して抽出されます。 天然ガスは化石起源の燃料ですが、メタン分子に含まれる炭素原子は 1 つのみであるため、燃焼時の CO2 排出量が標準のディーゼル エンジンと比較して小さくなります。

天然ガスとバイオガスは同時に使用できます。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 20% 削減することができると予測されています。

植物性エタノール

植物性エタノールは、輸送業界で現在最も広く使用されているバイオ燃料です。 また、将来、継続的かつ大量の供給が最も見込める燃料でもあります。 植物性エタノールの主なメリットは、液体であることと、世界中で大量に入手可能なことです。

また、サトウキビ、小麦、トウモロコシなどのさまざまな原材料から生成できるほか、 セルロースやパンなど、でんぷんや糖分含有量が高い廃棄物も利用できます。 さらに、植物性エタノールは小規模な場合も比較的簡単に生成できます。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 90% 削減することができると予測されています。

ハイブリッド

ハイブリッドは電力とバイオ燃料を組み合わせることで動作します。 これにより、燃料消費量を大幅に削減できるため、排出ガス低減につながります。 騒音も低減されるため、ハイブリッド車両には早朝、深夜、または夜間での都市内の配送が許可される特別なメリットがあります。

混雑していない時間帯に配送できることで、運転時間、燃料消費量、および CO2 排出量の低減といった複数のメリットを享受できます。 車両の利用率を高めることもできます。 標準的な軽油と比較して、CO2 排出量を最大 92% 削減することができます。