スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

現場の最適化

お客様に合わせてカスタマイズ

無駄を省く

Scania の現場の最適化では、主にリーン手法に基づいて、実際の採掘現場で効率を向上させるためのツールと方法を導入します。 弊社は、最大限の生産性と運用コストを実現するために、継続的な改善と実装に向けてお客様と協力します。

時間

サイクル タイム (並ぶ、待つ、ワークショップなど) を測定することで、弊社は障害を特定し、時間を改善するために必要な対策を特定します。

積載

過積載により、リスク、サイクル タイム、修理とメンテナンスのコストが増大します。 積み荷と積載面積の最適化により、生産性が向上します。

道路

悪条件の道路は、設備機器、生産性、ドライバーの快適さに大きな打撃を与え、安全性のリスクが増加し、燃料消費が多くなります。

安全性

不適切な設備機器、漏れ、悪い道路条件などの多くの要因によって、安全に関する事故が発生したり、作業が中断する恐れがあります。

持続可能性

重量と積載量の比率を小さくすること、順番待ちのために並ばないこと、過積載をなくすことで、燃料消費と CO₂ 排出量を削減できます。 プロセスを効率的にすると、無駄が減り、リソース要件が緩和されるので、生産性が向上します。

弊社のアプローチ

現状

プロセスを理解するためには、業務を忠実に反映したものを作り、通常の状況の基準を確立して、それに基づいて改善を測定する必要があります。 これは、バリュー ストリーム マッピング、さまざまな関係者との面談、車両のテレマティクス、ワークショップ プロセス、主な領域の視覚化によって行うことができます。

改善の可能性

現在の「通常の状況」を確立することで、改善の余地を生み出します。 業務全体に影響する改善の主な領域について、お客様と連携して取り組むことで、一部分だけが最適化されるという事態を避けることができます。

導入

どのプロジェクトでも最も難しいのは、最初の導入を機能させ、問題意識を保たせることです。 ここで、弊社は「可能性」を「発展」に変えます。 弊社は連携して、優先順位を付けて計画を立て、スケジュールとアクション アイテムを設定し、関連する時間、積載、道路、安全性、持続可能性、資本支出、運用コスト、要因を測定する方法を作成します。

Scania の現場の最適化に関心をお持ちの方へ

詳細については、mining@scania.com までお問い合わせください。

Scania 採掘部門へのお問い合わせ
Map

Let's talk business

Find your nearest dealer

Scania assistance

We're here to help – 24 hours a day, 365 days a year.

Call us now
+44 1274 301260
Find your nearest dealer