日本
パートナーシップ ソリューション

バスで都市をよりスマートに

都市部の移動手段ソリューション

時間を管理できる強み

世界中の都市部では、不十分な輸送システムのために経済上、社会上、環境上の問題が生じています。 Scania のバス システムは、合理的かつコスト効率に優れた環境に優しいソリューションであり、移動手段の課題に対応します。 また、柔軟性と拡張性を実現するように設計されています。

都市化の進行

2030 年には全世界の 60% 以上の人が都市で生活します。

都市の再活性化

バス システムは、最小限の中断で段階的に導入できます。 また、他の交通システムよりもすばやく投資効果を得ることができます。

大量輸送

バス ラピッド トランジット ソリューションでは、1 時間あたり 50,000 人の乗客を輸送できます。

生活の質の向上

合理的かつコスト効率に優れたバス システムは、移動性の顕著な向上を実現し、環境的なメリットをもたらします。 これは結果として、住民やビジネスにとって有益な経済の向上につながり、最終的には、生活の質が向上します。

市場投入までの時間

バス システムは、最小限の中断で段階的に都市に導入できます。 また、他の交通システムよりもすばやく投資効果を得ることができます。 Scania は、通勤、通学の向上というビジョンをすばやく実現するために今すぐ必要な能力を提供します。

収益性の高いソリューション

バス システムは道路スペースを効率的に利用することにより、コスト効率に優れた移動手段を提供します。 鉄道とは異なり、バス システムは既存の道路インフラに基づいて構築できます。 バスの従来の運用と比べて、バス システムは平均速度と乗客定員数の向上を実現します。

空気をきれいにする機会

アプローチはそれぞれ異なりますが、目標は同じです。その目標とは、環境に優しい移動を実現するための最適な方法を見つけることです。 今日の輸送部門は、世界の CO₂ 排出、地域の微粒子と NOx 排出の大きな源となっています。 今こそ、弊社が連携して、この排出量を削減し、空気の質を向上させるときです。

ディーゼル燃料なしでディーゼル並みの出力

今日の再生可能燃料は、CO2 排出量を大幅に削減します。また、求めるレベルの高いお客様が必要としている、コスト効率に優れた駆動系のパフォーマンスと信頼性も実現します。 弊社の堅牢な駆動系とモジュラー設計技術により、6 つの代替燃料という、信頼性が高く市販されている選択肢をお客様に提供できます。一部の代替燃料は、革新的なハイブリッド技術と組み合わせて利用できます。

自動運転輸送

Scania は、革新的なソリューションの最先端に位置しています。自動運転車両は、駅のプラットホームでの自動停止から BRT レーンと公道での自動運転バスまで、 安全で環境に優しい化石燃料フリーの輸送ソリューションに向けて Scania が開発している多数の要素のうちの 1 つです。

プラトーンによる柔軟性

車両間通信を使用することで、大型車両は、燃料効率に優れた空気力学的なフォーメーションを形成し、先頭ドライバーの後に続くことができます。 また、プラトーンにより、短くて取り付け可能なバス ユニットの可能性が開拓されます。さらに、BRT システムとの融通や、混雑のピーク時およびピーク時以外の時間帯の収容能力の調整など、柔軟性も生まれます。

世界各地の持続可能性

世界各地の先進的なパートナーシップを通じて、Scania 輸送ソリューションが現在どのように運用されているかをご覧ください。

5 大陸で学んだ 5 つの事項

何よりも重要な時間はアップタイム。 競争力の高い総合的な運用経済性を実現するには、極めて優れたアップタイムが必要です。 弊社は 2004 年に東南アジアの拠点を開設し、ローカル配送および地域内配送の両方のサポート組織を設立しました。 また、弊社のグローバル ネットワークが提供する部品サプライ チェーンにより、迅速なサービスを提供しています。

すべての人の居場所を守る。 ヨハネスブルグに BRT システムを導入すると、小型バス タクシーによって生じる渋滞の問題が解決される一方で、小型バス タクシー運転手が生計を奪われることにもつながると予想されました。 彼らを納得させるため、運転手の存在は計画の初期段階から組み込まれており、 彼らにはシステムでの新しい職と機会が提供されました。

美しい移動手段。 古くからあるヨーロッパの多くの都市では、経済と同様に美しさが重要とされます。 Van Hool 社との協力により、弊社は Scania Van Hool Exqui.City を開発しました。 これは十分な定員数を備えた、路面電車のような外観の連結バスであり、 現在も一般道路を走行していますが、新旧の要素を併せ持つ外観が印象的です。

停車しても遅れなし。 メキシコのクアウティトラン イスカリは、世界最大規模の都市の 1 つであり、その中でも最も人口密度が高い地域の 1 つです。 Scania 連結バスは 42 か所の停留所がある 21 km の路線で運行されており、ラッシュ アワーには 1 分ごとにバスが到着します。 このペースを保つためには、バスのチケットを廃止する必要がありました。 また、毎回の停車時間が乗客の乗り降りに十分な時間だけで済むように、すべての支払いは乗車前に行われています。

次の目標。 アデレードでは、Scania バスが世界最速のガイド付きバス専用車線を 100 km/h で走行しています。 バス専用車線では、その他の交通上の要素がすべて排除されるため、このような速度でも安全性が確保されます。 しかし、バス専用車線をなくすことができるとしたら、どうなるでしょうか。 Scania の研究開発部門では、一般道路をガイド付きバス専用路線に変える光学式ガイダンス システムに取り組んでいます。

Scania のバスおよびコーチの製品レンジ