スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Global NEWS

Scania CO2NTROL Cup 2018で、チェコ共和国のヴラスチミル・シンメルの優勝したという発表はシンメル本人にとっても大きなサプライズとなりました。大会は3ヵ月にわたり行われました。2,200人ほどが参加したドライバーの中の1人として、シンメルは低燃費のScania車両で、ディーゼル燃料約14万Lの節約とCO240万kgの削減を達成しました。

シンメルがScania R500に初めて乗車したのは大会が始まるわずか数週間前のことでした。 それが今ではもうこのキャブから降りたくないといった様子です。「スカニアは自分にピッタリ合っていると感じています。以前は他の車両を運転していましたが、Scaniaに切替えてから、これまでと同じルート、同じ貨物、同じエンジンパワーで、燃料消費量が4L/100km近く減少しました」シンメルは、運転効率、アイドリング、スカニア・ドライバー・サポートなどの指標から最高のドライバーであると認定されました。

Scaniaのコネクテッドサービスとプロドライバー向けトレーニングがどのように役立つか

Scaniaのプロドライバートレーニングは、ドライバーの運転効率を向上し、優良ドライバーを育成することで交通事故のリスクを低減します。

Scania CER(Central European Region) のコネクテッド・サービス・マネージャーのマテイ・ベンホダはこう述べています。「Scaniaが重視しているのは、ドライバー、輸送おけるドライバーの重要性、安全性と快適性といった点です。Scania CERは、ハイテク技術を使用して優秀なドライバーの皆様とともに仕事ができることを誇らしく感じています。この大会もそうした背景から始まっています。世界中のドライバーと比較して、当地域のドライバーが最高の運転パフォーマンス (スカニア・ドライバー・サポート) を発揮したことは大きな成果です。」

Scania車両管理システム (FMS) によってフリートの管理が容易になり、車両の遠隔診断も可能です。車両の走行パラメータや性能パラメータを比較することで、効率を改善するためのポイントがわかります。

Scania CO2NTROLCup 2018の優勝者ヴラスチミル・シンメルと愛車スカニアR500

経済性と環境の結果 - 統計データ

Scania CO2NTROL Cup 2018は、結果として11,724,511ユーロの節約に貢献しました。大会開始前、2,181台あった CER地域全体の登録車両(チェコ共和国: 758台、スロバキア: 543台、ハンガリー: 880台)の、ディーゼル燃料消費量は27.3L/100kmでした。3カ月の大会が終了して、燃費は26.6L/100kmに向上しました。走行距離で換算すると約14万Lの削減に相当します。

【関連記事】

Environment wins big in Scania CO2NTROL CUP 2018 (Scania Global website/ English)