スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Global NEWS

Scaniaと輸送業界は、気候変動問題の要素でもあり、解決策の要素でもあります。「このため、私たちは持続可能な輸送への転換の推進を目指しています」と、Scaniaの代表取締役社長 兼 CEOであるヘンリック・ヘンリクソンは国際エネルギー機関のエネルギー効率に関する国際会議での講演で述べました。

パリで開催されたこの会議では、40ヶ国以上の国々から閣僚および政府高官、企業経営者、金融機関、市民団体が集まり、エネルギー効率を高める方法について話し合いました。ヘンリクソンは企業経営者4名の内の1人として会議に招待され、組織におけるエネルギー効率の重要性に関する視点について説明しました。

ヘンリクソンは、炭素排出量を増加させずに輸送需要の伸びに対応することが課題であると述べました。スカニア・パスウェイズの調査結果を引用し、脱炭素化の実現によって社会へのコストを下げることができると指摘しています。

これには、急速な電動化と持続可能なバイオ燃料の展開を強化していくことが求められます。ヘンリクソンは、スラッジや有機廃棄物からのバイオガスなどの燃料を製造する利点を特に強調しました。また、欧州の貨物輸送量の80%が、わずか5%の道路インフラに集中している事実から考えて、車両に電力供給する架線を備えた電気道路の建設も炭素排出量の削減に有効です。

とにかく、今すぐ断固たる行動を起こす必要があります。差し迫った気候変動に直面する私たちには、パーフェクトな未来の解決策を待つ猶予はありません。

気候変動への対処として、車両および物流全体のさらなる効率向上も必要です。パスウェイズの調査では、炭素排出削減量のうち4分の1は車両と物流の効率向上によって得られると推定しています。

実際、Scaniaの社内輸送の一部を運営する輸送会社Scania Transport Laboratoryでは、トンキロあたりの炭素排出量を半分にすることができました。

しかし、さらなる脱炭素化推進のためには、荷主からのより多くのコミットメントが必要であるとヘンリクソンは述べています。ロジスティクスサービスを利用する荷主が効率性の向上を求める必要があります。

実際、欧州におけるトラックの平均積載量は最大積載量の60%にすぎません。「コネクテッド車両による物流計画の改善により、輸送効率を向上できます。現在フィンランドやスウェーデンで運行されているような、より長く重量を輸送できる車両の組み合わせを許可することも、輸送効率の向上に有効です。」

重量貨物輸送部門の脱炭素化を成功させるにはこれまでにないペースで新技術を導入する必要があると、Scaniaの代表取締役社長 兼 CEOは会議の参加者に説明しました。「目標を実現するには、私たちのエコシステムのさまざまな部門が協力し合う必要があります。最近、スカニアは広範なエコシステム内のH&M社、E.ON社、Siemens社などの複数の企業と協力して、化石燃料を使用しない輸送への移行を推進しています。」

※本記事は10月26日にScania Globalサイトで紹介されています

【関連記事】

E.ON, H&M group, Scania and Siemens form a coalition to accelerate decarbonisation of heavy transport (Scania Globalサイト)