スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Global NEWS

化石燃料フリーな未来のために必要な複数のテクノロジー

国連の持続可能な開発目標およびパリ協定に沿って化石燃料フリーな商用輸送システムを2050年までに実現するには、バッテリー電気自動車が手段となります。一方、内燃エンジンでのバイオ燃料の使用は最適な目下の代替手段となります。

「私たちは商業化を踏まえてすべての代替テクノロジーを開発しています」と、Scaniaのセールスおよびマーケティング部門長であるChristian Levinは言います。「お客様のビジネスの実態に合わない製品を発売するのは無益です。大前提として、テクノロジーの短期的な所有コストが妥当なものである必要があります。」

IAAで展示されるプラグインハイブリッドトラックとバッテリー電気バスはこれらの条件を満たします。Levinは、「Scaniaはテクノロジーをコスト効率に優れたソリューションと合わせて開発することで、優位なポジションを築いています」と述べています。

近年、Scaniaでは大規模な調査を通じて、完全な電化からさまざまなタイプのパワートレインのポートフォリオまで、今後数十年で化石燃料排出物ゼロを実現するための複数の道筋を研究してきました。この調査において、電気自動車の急速な普及によって現状の4~5倍インフラ投資が必要となる一方、2050年までに運用コストが40%低下することが示されています。

実際、バッテリー電気自動車の増加は化石燃料による重量物輸送の全体的減少に向けて最もコスト効率に優れた指針をもたらします。バッテリー電気自動車の総所有コストは2031年までに、長距離運搬を含むすべての車両区分でディーゼルと同等になります。

プレスルーム www.scania.com/IAA18