スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Global NEWS

IAAにおけるScania 二酸化炭素削減のための代替ソリューション

Scaniaは9月20日~27日にハノーバーで開催されるIAAにおいて展示する新製品を紹介するビデオを公開しました。IAAでは、長距離運搬用、建設用、都市用のトラックを初めとする多様なScania New Generationトラックがすべて展示されます。これらはすべて代替燃料で走行します。

「私たちは重量物輸送の抜本的な変化の真っただ中におり、Scaniaは運輸業者の運営に必要な、すべての低二酸化炭素排出車両および排出ガスゼロ車両によって、この変化を先導することを目指しています」と、Scaniaの上級副社長兼トラック部門長であるAlexander Vlaskampは言います。「現在は都市部がその最前線として注目されていますが、パリ協定に基づく二酸化炭素削減目標を達成するためは、すべての輸送形態において調整が必要です。」

Scaniaは幅広いレンジの代替燃料トラックおよびバスを提供し、二酸化炭素排出量軽減の機会を拡大します。Scaniaはプラグインハイブリッド配送用トラックの発表により、すでに市場で最も広範な代替製品ラインナップをさらに拡大します。

Scaniaが最近発売したLシリーズは比類のない安全機能とハイブリッド運用の利点を兼ね備えており、視界も向上しています。これは配送運搬業者に対し、郊外倉庫からの遠距離を燃焼機関モードでカバーする一方、都心に入ると電気推進に切り替えるという必要なオプションを提供します。流通ルート沿いでの荷降ろし時や休憩時に、運転手が20分でバッテリーを充電して配送を続けることができます。

また、欧州各国では公害、騒音、速度を抑制するためのトラフィックゾーン施策の導入が増えています。Scania Zoneは、速度規制、排ガス規制、騒音制限などの政策をScaniaのフリートマネジメントのジオフェンシングゾーンにリンクすることで、輸送会社およびその運転手の現地規制遵守を支援する新しいサービスです。

IAA会場全体では、Scaniaは屋内で7種類のトラックを展示しており、さらに屋外で3台のトラックを展示しています。トラックのほかにScaniaのバスおよびコーチ5台も展示しています。展示されているすべての車両に、再生可能燃料、および再生可能ソリューション用に設計され気候に対して持続可能な変化をもたらすことのできるパワートレインが搭載されています。

バスとコーチには、バッテリー電気のScania Citywide、および液化天然ガス(LNG)パワートレインを採用した初めてのコーチであるScania Interlink中型デッカーの展示が含まれています。IAAにおいて、ScaniaはLNGで最大1,000 km走行できる13 mのScania Interlink MDを展示します。Scaniaはこれによって、都市間の持続可能なコーチ移動に対する広範な代替燃料オプションを広げます。また、来場者は展示会場周辺のルートで、Scaniaの新しいバッテリー電気バスを実際に体験することができます。

12ホールC 22の弊社スタンドまでお越しいただき、新しいプラグインハイブリッドトラックや世界初の長距離LNGコーチを初めとする新世代Scania製品のすべてをご体験ください。

IAAにおけるScaniaのプレゼンテーションの完全版は、プレスルームをご覧ください。

プレスルーム www.scania.com/IAA18

ニュースビデオ https://www.youtube.com/watch?v=CVCRieQU6bo