スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

絶好の機会

グローバル企業で働く

意欲的 自発的な人材を募集中

歴史のあるブルガリアから活気にあふれたマレーシアまで、Petko Filipov は Scania でのキャリアに伴い、いろいろな場所で勤務しています。マスター技術者となり、自分の旅はまだ始まったばかりだと確信しています。

Petko Filipov は自己啓発を固く信じています。

Scania でのたった 7 年間で、彼はブルガリア、ソフィアの初心者の保守技術者からマレーシアのマスター技術者へと成長しました。

Scania の世界的なネットワークと卓越した文化に鼓舞され、勤勉さとやる気が引き出されたと彼は言います。

「Scania はグローバル組織で世界中の 100 か国以上に代理店があります」と彼は述べます。 「つまり、責任ある仕事への意欲を持つ人材であれば、自分を高める絶好の機会を得られます。 同じことをあまり長く続けると、飽きてしまいますしね」

監督者の代わりとなる

Filipov は 30 歳で、工学修士を取得してから 2008 年にブルガリアの Scania で働き始めました。進歩することに熱心で、絶えず監督者の手伝いを申し出ていました。 「私は監督者がワークショップのワークフローを管理するのを手伝ったり、監督者がトレーニングを続けたり外出しなければならないときに支えました」と彼は言います。

すぐに Filipov は副職長になりました。

そしてブルガリアで 5 年働いた後、変化を迎える時期がきました。 彼はアジアを拠点とするさまざまなマスター技術者の職が Scania のイントラネットで募集されていたのを見つけ、クアラルンプールからそう遠くない場所にあるシャー・アラムでの職に応募しました。 1 年の契約を提示され、彼は 2013 年 10 月に妻の Ivalina とともにマレーシアに移りました。彼のマネージャーは彼の業績に大変満足し、契約を 2016 年まで 2 年間延長しました。

「マレーシアでの生活を楽しんでいます」と Filipov は言います。 「ここには、インド、マレー、中国の 3 つの主な文化があり、3 種類の食べ物や祝祭を楽しんでいます。 そして人々はとても親切で寛大です」

このように非常に意欲的な彼は、現在の契約が満了したとき次にどうするのでしょうか。 「また別の国に行くかもしれません」と彼は言います。 「まだどうなるかわかりませんが、自分を高め続けたいという思いは確かです」