スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

化石燃料フリー

ノルウェーで 36 台の Scania ガス バス

化石燃料フリーのフリートを目指す

2015 年 6 月、ノルウェーの公共交通機関サービス提供会社 Nobina Akershus は Scania OmniExpress Euro 6 ガス バスを 36 台採用しました。 オスロ南部の Ski 市にある会社の車庫での使用では、バスは、その地域における化石燃料フリーの燃料戦略の一端を担っています。

Bob Sebro 氏は、Nobina の Ski 車庫を拠点とする Akershus のオペレーションズ マネージャーです。 同社は、Ruter の代わりにバスを運行しています。Ruter は、オスロとアーケシュフース県地域の公共輸送を計画、調整、発注、市場に投入する公共の会社です。 「Ruter は 2020 年までに化石燃料フリーの燃料で運行することが求められているため、化石燃料フリーの燃料を使用しています」と Sebro 氏は説明します。

Nobina は、既存のインフラとバイオガスの入手しやすさから、ガスこそが Ski 地域のバスに非常に適していることに気がつきました。 新しいバスが 2015 年の半ばに導入され、うまくいっています。 「バスとガスの供給充填ステーションは、非常によく機能しています」と Sebro 氏は言います。

フリートの合理化

新しいバスは、その地域で運行されていた古いバスの代わりに導入されました。 以前のフリートにはさまざまな種類のバスが混在していましたが、新しいフリートには 2 種類しかなく、18 台が 15 メートルで、18 台が 13 メートルです。

「内部は非常によく似ており、運転手は車内での作業環境が似ているおかげで運転しやすくなっています」と Sebro 氏は述べています。

異なる給油手順

Nobina Ski 車庫での様子を見ればわかりますが、バイオガスと軽油バスの主な違いは、その給油手順にあります。 「バスが車庫に入るたびに給油する必要があります」と Sebro 氏は言います。 「運転面では、ガス バスと軽油バスの間に違いはありません」