スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

モジュラー プロダクト システム

モジュラー システムの立役者

非常に高い評価を得ている Scania のモジュラー プロダクト システムの考案者をたった 1 人に絞ることはできませんが、Scania 最初のテクニカル ディレクターである Sverker Sjöström が重要な役割を果たした功労者であることは間違いありません。

1950 年代の初め、Scania-Vabis のコンポーネントや素材をドイツや他の場所から輸送していましたが、改善すべき余地が大いにある、非常に不満足な状態でした。 この状況が危機的に悪化したため、会社は新しい車両やエンジンの開発作業のほとんどを一時中断しなければならない状態に陥りました。 コンポーネントの寸法が不正確で、素材は不良品であるかテストが不完全な状態だったのです。そのため、パーツやコンポーネントのサイズは、小さすぎたり大きすぎたりして正確ではありませんでした。

このような品質の問題を解決するため、Scania-Vabis は、新しく採用した Sverker Sjöström に命運を託しました。彼は当時 27 才で、ストックホルムのスウェーデン王立工科大学で工学物理学の修士号を取得した、素材強度のエキスパートでした。

Sjöström は、トラックが実際の作業で受けている圧力をシステム的に見直すことから始めました。 「これらの測定により、"特定のコンポーネントの強度を計算する" という当時一般的だった概念を覆すような結果が多く得られました」と Sjöström は 2004 年のインタビューで述べています。「当時は、実際の使用状況を考慮せず、静荷重でのコンポーネントの強度に基づいて計算を行っていました。 それを見直す必要が出てきたのです」

「当時の一般的な考え方では、用途にかかわらず、1 つのエンジン サイズに対して使えるアクスル ギヤが 1 種類しかないのが当たり前でした。 私たちが新しく得た知見では、これは完全に間違いです。 エンジン出力は、さほど重要ではありません。 寸法を決定する主な要因は、車両総重量と輸送ルートの地形です」

1961 年に Sjöström は Scania-Vabis 最初のテクニカル ディレクターになりました。 1960 年代以降、トラック生産が飛躍的に増大し、Scania-Vabis は自社製品の輸出のシェアが拡大しました。 一方で、トラックの構造はより複雑さを増していきました。 お客様からの要望はますます高まり、トラックをまったく新しい設定で操縦する必要性に迫られることも多くなりました。

「これにより、異なる用途ごとにクラックをクラス分けする必要性が生じたのです」と Sjöström 博士は言います。 「強度についてさまざまなコンポーネント タイプで注意深くバランスを取る手順にすれば、限られたコンポーネント数でお客様のさまざまなニーズに応えられるようになります。 これにより、最終的な製品の重量削減にもつながるのです」

Scania のライバル会社は口をそろえて、効果的なモジュラー システムの構築は不可能だと主張しましたが、大型車両に対する Scania の取り組みは本気でした。 その後、Scania の研究開発部門内部の積極的なチームワークのおかげで事態は進展しました。

「私たちは、自社のキャブとフレームの生産部門と協力して GPRT レンジを開発しました。 このコンセプトは、私たちが新しいキャブに取り組んでいた 1960 年代の後半に生まれたものです。 まったく新しいレンジを開発できるとしたら、どんな感じになるのだろうと、みんなで言っていました」

新しく完全にモジュラー化されたトラック レンジの最初のモデルは、1980 年 4 月に公開されたボンネット付き T 型トラックでした。

4 つのキャブ タイプがある完全な GPRT レンジは、"2 シリーズ" としても知られていますが、1980 年 12 月に公開されています。

この新しいレンジは、トラックの使い方に基づいて、M (ミディアム)、H (ヘビー)、E (エキストラ ヘビー) という 3 つの主な積載量区分に分けられています。

この新しいトラック レンジは、モジュラー化という点に関しては、完璧と言ってよいほどのレベルに達しています。 メイン コンポーネントの数が限られているにもかかわらず、お客様の個別のニーズに対応した、ほぼ無限のバリエーションのトラックを製造することに成功したのです。