スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

CrewCab のテスト

クルーのスニーク ピーク

Scania が新しい消防車キャブを試験しようとしたときには、現役消防士のグループの経験に頼りました。

Scania は、スウェーデンのほとんどの消防署で選ばれています。 「理由の一つは、衝突試験です。他の人の命を救うために働いているのですから、安全性について妥協するわけにはいきません。」と言うのは、セーデルテリエの Södertörns Brandförsvar のマネージャー、Henrik Jarméus です。

 

Jarméus 氏と同僚には、新しい CrewCab を発売前に試す機会が与えられ、カモフラージュ CrewCab の第一印象は、消防士にとって暗い雨の日も明るくするものでした。

Scania の新しい CrewCab には、完全装備のクルーのために十分なスペース
消防隊とともに新しいクルー キャブの人間工学を確認。

人間工学

セーデルテリエの消防士 Samori William、Stefan Rosén、Joel Rang、Asbjörn Bing、Henrik Jarméus は、Scania テクニカル センターの人間工学の専門家が注意深く見守る中、新しい CrewCab を熱心に試しました。 「CrewCab を日常的に使用するプロフェッショナルの意見が必要です」と言うのは、Scania Vehicle Ergonomics の Daniel Lundkvist です。

「誰でも、トラックに乗り降りする自分だけの方法があります」と、Jarméus 氏は言います。 「それは習慣となります。」

より良い視界

Rang 氏は、新しいキャブでは、ハンドルをつかむと、ドアをすばやく閉めるのが簡単なことを発見しました。 「重装備のときに立ち上がるには、ハンドルが必要です」と彼は言います。

Bing 氏は、ハンドルを使って登ってみました。こうすると、CrewCab の乗り降りがスムーズにできます。 「これは、空気ボンベなどの装備を背負っているときに体に負担をかけないための方法でもあります」と、彼は言います。

一方、William 氏と Rosén 氏はシートベルトを試しています。 「キャブが広く感じられます」と、Rosén 氏は言います。 「車内が広くなりましたね」と William 氏は言います。 彼らは、フロントガラスからの視界が今のトラックより良いことにもコメントしています。

スマートなソリューション

次に、Rosén、William、Rang は、任務中の座り心地が良いように設計された新しいベンチを試しています。 「装備を背負っていても、まっすぐ座れます」と、William 氏はコメントしています。

「階段のライトなど、新しい解決策のいくつかは実にスマートです」と、Jarméus 氏は CrewCab に乗り込みながら言っています。 「気象条件によっては、本当に便利です。」

「我々の主要な消防車は Scania 製です」と、彼は続けます。 「常に待機していて、火災でも交通事故でも、ほとんどの緊急事態に適しています。」

アラームが鳴り、4 名の消防士とマネージャーがトラックに乗り込み、その性能が試されます。

「今までのところ、品質には非常に満足しています」と Jarméus 氏は言います。 年間 1,500 回の緊急事態が発生するセーデルテリエ地区では、これは重要なことです。

CrewCab のカスタマイズ

Scania の CrewCab は、Scania の DC09 および DC13 エンジンのすべてのバージョンで注文でき、Allison オートマチック ギヤボックスまたは Scania Opticruise 付きの Scania 独自の自動ギヤボックスのいずれかを組み合わせることができます。 電気ステアド サード タグアクスル (6×2*4) による、やや大型のソリューションも、工場から直接注文できます。