スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

信頼性の高い掘削機

Doosan の建設機械

将来の掘削機のテスト

韓国の忠清南道 (チュンチョンナムド) の山で世界的な建設機械の巨大企業である Doosan が行っている試験は、最も厳しい排出基準を満たした信頼性の高い掘削機を製造することを目的としています。 Scania はそこで重要な役割を果たしています。

採石事業を運営している場合、信頼できる重機が必要です。 世界各地の環境規制は急速に厳しくなっているため、最新の排出基準を満たしている機械が必要です。

Bochang Industries の Scania 13 リットル Tier 4 Final が搭載された Doosan DX530LC-5 大型掘削機は、毎日約 25 万トンを簡単に掘削し、380 馬力 (283 kW) のエンジンは負荷がかかっている状態で 1 秒未満で 1800 r/min に戻ります。

このような機械の開発が現在韓国で進行中です。産業機械と建設機械の会社である Doosan と Scania、そして地元の企業 Bochang Industries が連携して取り組んでいます。

韓国の忠清南道にある沿岸の市である保寧 (ポリョン) 市を囲む山々で、3 社は、Scania 13 リットル Tier 4 Final エンジンが搭載された強力な大型掘削機 DX530LC-5 をテストしています。 この掘削機は、実用的なエンジン デザインと低排出ガスを兼ね備えた、岩を砂利に変えることができる重機を生み出すことを目的としています。

Scania と Doosan が協力する試験場

Bochang Industries は建設用に粉砕して砂利にする岩を掘削しています。 保寧周囲の長く連なる山腹で 1992 年から掘削しています。

Bochang の採石場は、2004 年から Doosan 製品の試験場となりました。Doosan と Scania は、ヨーロッパと北アメリカ向けの Doosan 大型掘削機に搭載する Tier 4 Final エンジンを製造するために 2014 年に契約を結びました。

テスト プロセスにはプロトタイプの稼働が含まれ、Scania と Doosan は Bochang と連携して予期せぬ問題を修正します。 今のところプロトタイプは 500 時間という稼働時間を記録しています。

韓国での Scania のエンジニアリング プロジェクト ディレクターである Ian Hooper は、新しい掘削機には排出レベルを制御するために極めて高度なテクノロジーが組み込まれていると述べています。

静かで応答性に優れている

Lee Young Woo 氏は 25 年の経験を持つ掘削機の運転手で、Scania エンジンが搭載された掘削機をテストしています。この機械についての彼の感想は、静かで応答性に優れているというものです。 「動的特性は他の機械よりも優れています」と彼は言います。 「ノイズ レベルも低く、エンジンの応答性も優れています。 エンジン スペースが広いので、メンテナンスを行いやすく、ペダルの人間工学に基づく使い心地も優れています」

パワーが増したので、Woo 氏は毎日約 25 万トンを簡単に掘削しています。380 馬力 (283 kW) のエンジンは、負荷がかかっている状態で 1 秒未満で 1,800 r/min に戻ります。 「この機械ではそのすべてのエンジン出力を利用できます」と Woo 氏は言います。

Scania との長期間の関係

採石場での Scania エンジンの導入は Bochang Industries にとって新しいことではありません。 同社は、日々の業務に Scania エンジンが搭載されたさまざまな設備機器を使用しています。

Bochang のマネージャーである Juhun Kwon 氏は Scania トラックの運転を開始しました。 「自身で体験してよくわかりました。Scania エンジンの性能と信頼性は際立っています」と彼は言います。

Bochang のマネージャーである Juhun Kwon 氏が Scania トラックを初めて運転したのは 1995 年です。 彼はそのときに Scania エンジンの性能と信頼性が際立っていることを実感したと言っています。

「エンジンの優れた燃料消費、耐久性、信頼性は、私たちが Scania エンジンを選択したときの主な要因です」と Kwon 氏は述べています。 「重要なのは、Doosan と Scania を含む多数のサービス ディーラーを利用できること、部品を入手しやすいことです」