スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

コペンハーゲンでも沈黙は金

コペンハーゲン市は、2025 年までに世界初のカーボンニュートラル首都になるという意欲的な目標を掲げています。そのため、デンマークの食料雑貨店、Netto はバイオディーゼルを燃料とする Scania のハイブリッド P シリーズ トラックを運用しています。

Scania のこのユニークなソリューションは、CO2 の排出量削減と騒音レベルの低下という 2 つの利点をもたらします。コペンハーゲンでは、通常、夜間の都市配送は禁止されていますが、Netto は、このソリューションにより、それが許される数少ない企業の 1 つとなっています。

Netto の配送を請け負っている KP Logistik の CEO、Lars Petersen 氏は、バイオディーゼルで走るハイブリッド電気トラックが、化石燃料を使用しないコペンハーゲンにおける完全電化車両群を運用するまでの中継ぎになるかもしれないと考えています。

「この技術に投資する運送会社が増えるにつれて、より安価に、よりアクセスしやすくなるでしょう。」

Lars Petersen 氏

KP Logistik 社 CEO

早朝と深夜の配送

KP Logistik はデンマークとドイツの Netto スーパーマーケットに冷凍食品と乾物を運送しています。Scania の P シリーズ ハイブリッド電気トラックは、都市のほとんどの住民が眠っている深夜と早朝に新鮮な食品を配送できます。 

以前は、コペンハーゲンのダウンタウンの交通規制と騒音規制により、Netto の配送ができるのは午前 7 時以降に限られていました。しかし今では、Scania ハイブリッド トラックは朝のラッシュアワーの前に荷下ろしができるため、早朝に開始して素早く配送できます。夜間配送はドライバーのストレス軽減にも役立ちます。渋滞の中のタイトな配送スケジュールを避けることができるからです。

CO2 削減のための最適燃料、HVO

おそらく最も重要なことは、Scania の P シリーズ ハイブリッド電気トラックを使用することで、Netto はほとんど無音で、都心部の住民に迷惑をかけずに配送できることです。

「この新技術をテストして、従来の配送車両とコストを比較したいと思いました。この種のトラックは、まだそれほど多くないので、当面は投資が割高になることはわかっています。ランニングコストも高いです。バイオ燃料の HVO はまだかなり高価だからです。しかし、85% から 87% の CO2 削減を達成するには、燃料として HVO を選ぶ必要がありました。この目的のためには最適な燃料だと思います」と Petersen 氏は説明します。

トラックは高価ですが、Petersen 氏は、配送回数の増加と、道路がすいている夜間や早朝に運転することで得られる燃料消費量の削減によって追加経費を回収できると考えています。

「もちろん、弊社もクライアントである Netto も排出量削減の恩恵を受けることができます」と彼は言います。「この新技術をテストすることによって、良いことをしているのです。」

 

Copenhagen-5

ハイブリッド ソリューションは燃費も向上させる

「この Scania ハイブリッド トラックを 1 年間テストしてみて、CO2 削減目標が達成可能であることがわかりました。弊社の車両群の中のディーゼル トラックと比べて燃費も良いです。1 リットルあたりの走行距離が長いです。今までのところ、有意義な体験でした。ドライバーも非常に満足しています。」

将来を見据えて、Petersen 氏は、都市部での輸送は最終的には電化されると考えていますが、移行はゆっくりしたものになると見ています。「完全電気トラックには、まだほど遠いです。その種類はまだ十分な数でありませんが、いずれは実現するでしょう。第一歩は、Scania のようなハイブリッドと天然ガスでしょう。この技術に投資する運送会社が増えるにつれて、価格も安くなるでしょう。」