スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

船舶用エンジン

優れた燃料効率

船舶に Scania の燃料噴射テクノロジー

船舶用の Scania のエンジン レンジの最新鋭エンジンには、実績のある XPI 燃料噴射テクノロジーが組み込まれており、優れた燃料効率を実現します。 新しい V8 エンジンは、レンジの中で最も強力なエンジンでもあり、その最大馬力は 1,150 です。

現在、Scania の強力な船舶用エンジンのレンジには、Scania の共通レール XPI 燃料噴射システムが搭載されています。これはトラック用や産業用の Scania のエンジンで長い間使用されてきたものです。

パワーの向上

Svante Lejon は Scania の研究開発部門で上級テクニカル アドバイザーを務めており、任務の 1 つとして産業用エンジンと船舶用エンジンの技術性能コンセプトの開発を行っています。

「XPI システムはより多くの燃料をより短い時間でシリンダーに投入するため、パワーが向上します」と彼は言います。 「ただし、このシステムは粒子の影響をより受けやすいため、燃料の濾過システムと清浄度の両方に対する要求が高くなります」

これまで Scania が船舶用ソリューションに共通レール テクノロジーを使用していなかったことが原因でさまざまな問題が発生していたと Lejon は述べています。 「船舶用に必要な燃料の品質がトラック用や産業用に必要な品質と異なっていたということもあり、共通レール テクノロジーが使用されていなかったのです」と彼は言います。 「しかし、現在、フィルターのテクノロジーは、Scania が求める高いレベルで性能とアップタイムを維持できるほどになりました。そのため、現在は共通レール テクノロジーが使用されているのです」

小さい占有面積

Scania の船舶用エンジンの V8 バージョンは、十二分に試されたトラック用の 16.4 リットル V8 に基づいています。 エンジンは、船舶用レンジの中で最も強力で、作業船で使用するために最大 1,150 馬力を出すことができます。 前の世代よりもパワーが増していますが、装置全体の物理的なサイズは同じままなので、既存の V8 装置を新しいエンジン プラットフォームに簡単にアップグレードできます。

Scania のモジュラー システムを Scania のエンジン マネジメント システム (EMS) と組み合わせることで、同じプラットフォームをさまざまな用途で使用できます。 このため、妥協することなく、エンジン ソリューションをまったく異なる運用特性に合わせることができます。

「これは、このような幅広い分野でエンジン プラットフォームを最適化できる Scania のエンジン マネジメント システムのおかげでもあります」と Lejon は述べています。 「それがなければ、どの分野でも、最適とは言い難い性能のエンジンしか作ることができませんでした」