スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

2017/02/08

Scania がバッテリー電気バスの試験を開始

Scania は、スウェーデン北部の都市エステルスンドで次期バッテリー電気バスの最初の実地試験を開始します。 3 台の Scania Citywide LF バスの運用を 2017 年末から開始し、2019 年の初めにさらに 3 台のバスを追加する予定です。

「エステルスンドは、冬は寒く、夏は適度に暖かいため、実際の運用でのパフォーマンスを試験するのに最適な場所です」と Scania のバスおよびコーチ部門長である Anna Carmo e Silva は言います。 「試験は、現在進行中のバッテリー電気バスの開発の初期段階で行われます」

Scania では、現在、バイオガス、バイオエタノール、バイオディーゼル、ハイブリッド電気バスなど、代替燃料に対応した多種多様なバスとコーチを提供しています。 「バッテリー電気バスを導入することで、環境に優しい輸送に対する弊社の取り組みをさらに強化し、バスの種類を充実させて、特に都心部での運用に対応します」と Carmo e Silva は付け加えます。

2 つの新しい充電ステーションがエステルスンドに設置され、14 km の主要バス路線の両方の終点で 6 台のバスに電力が供給されます。 10 分の充電で、バスは 15 分おきに運行し、毎日合計で 100 回運行します。

「バッテリー電気バスの導入は非常に喜ばしいことです」とエステルスンド市のプロジェクト マネージャーである Anne Sörensson 氏は言います。 「当市は 2030 年までに化石燃料フリーの輸送を実現するという目標を掲げており、バッテリー電気バスはそれに貢献してくれることでしょう」

試験は、エステルスンド市、イェムトランド県ヘリエダーレン地方の公共交通機関、公営のエネルギー供給事業者である Jämtkraft などの公共機関の協力を得て実施されます。 バスは、Norwegian State Railways (NSB) の系列事業者である Nettbuss によって運行されます。Nettbuss は、北欧の国で 2 番目に大きいバス事業者です。

詳細については、下記までお問い合わせください。

Urban Löfvenberg、セールス マネージャー、環境に優しいソリューション
電話番号: +46 8 553 51109

E メール: urban.lofvenberg@scania.com