スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

SCANIA GENSET

アルゼンチンの航空機

Scania が航空機プロジェクトを支援

2 基の Scania エンジンにより、現在アルゼンチンの主要航空機メーカーは、経済的な損失を与える停電によって中断されることなく新しい輸送機の部品を組み立てることができます。

Fábrica Argentina de Aviones (FAdeA) はアルゼンチンの航空機メーカーで、ブラジルの会社 Embraer 向けの新しい輸送機のプロトタイプの部品を製造しています。

そのプロジェクトの投資計画の一環として、FAdeA では、停電に備え、生産プロセスのバックアップのために 2 基の発電機を使用しています。その発電機には、Scania エンジンがそれぞれ搭載されています。

このプロジェクトは、FAdeA が新しい輸送機の 6 つのセクションを供給するために Embraer と契約を結んだ 2011 年に始まりました。 このセクションには、コックピットとキャビンの間に配置される電子機器用のラック、前輪の扉、テール コーン、6 メートルの高さの積載用のドアが含まれます。

加圧して冷却状態を維持

これらの部品には、コンポジットと呼ばれる製品が必要で、摂氏マイナス 20 度の制御された温度で保管する必要があります。 このため、工場には一定の温度を維持する特殊な冷凍室が設置されています。 この温度を継続して維持できない場合、生産に深刻な影響を与えるため、同社は一定の電力供給を確保するシステムを導入することにしました。

「冷凍室に一定の電力供給を確保することで、原材料を確実に確保できます」と FAdeA の社長である Matías Savoca 氏は言います。 「これは経済的な損失を回避するのに不可欠でした」

最適な設備機器の導入

一定の電力供給を適切に確保する設備機器を導入するために、同社は複数の要因について検討しました。

「導入する製品は弊社のニーズを技術的に満たしたものでなければなりませんでした」と Savoca 氏は述べています。 「また、サプライヤーにも、設置とメンテナンスに関して物流サポートを提供できる能力が要求されました。 そして言うまでもなく、製品は手頃な価格で、高品質を約束してくれる一般に認められたブランドのものである必要がありました」

Scania エンジンはこれらすべての要件を満たしていました。

「弊社は優れた製品を提供します。 そのためには、弊社の人材もベスト、プロセスもベスト、使用する設備機器もベストでなければならないのです」と Savoca 氏は言います。