スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania Citywide ハイブリッド

燃料消費を削減する Scania Citywide ハイブリッド

ハイブリッド型 Scania Citywide ローエントリーバスに、新しく改良された技術的特長が導入され、燃料消費が大幅に削減されました。 独自の検証によると、Scania Citywide ハイブリッドは、密集した都市部において、燃料消費を 19% も削減します。

前回の燃料試験は、2015 年中旬に実施されました。 それ以降、Scania は、バスストップブレーキが有効で、バス停でドアが開いているときに作動する停止/始動機能を導入しました。 Scania Citywide ハイブリッドはさらに、特定の条件が満たされ、ブレーキ用のエアコンプレッサーを作動させるためなどに、ディーゼルによる推進力が必要ない場合、ディーゼルエンジンを停止し、完全にエレクトリックモードに移行することできます。

これらの試験は、公共交通に関する国際機関 UITP が定めた、路線バス向けの標準オンロードテスト (SORT) のサイクルに従って実施されています。 Scania の SORT テストは、オランダの車両当局 RDW によって、監督されています。

路線バスを想定した平均速度 12 km/h において、つまり交通が非常に混雑した状態での燃料消費は、平均 29.49 リットル/100 km で 19% 低減しました。 18 km/h の平均速度での燃料消費は 28.11 リットル/100 km で、これは 2015 年より 8% 少ない結果です。そして、25 km/h の平均速度での燃料消費は、28.2 リットル/100 km で、これは 2015 年よりも 4% 少ない結果です。

「Scania Citywide ハイブリッドは、郊外と都市の中心部を結ぶルートに適していることが実証されました。」と、Scania の City and Suburban Bus Applications の製品マネージャーである Anna Forsberg は語っています。 「世界的に、都市の成長は、都市中心部ではなく、主に郊外地域の拡大によって生じています。このバスは、それらの用途に最適な車両です。」