スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

都市部のドライバーにとっての安全第一

Scania の用途ベースのドライバー トレーニングでは、都市部の配送ドライバーに市街地のストレスに打ち勝つヒントを提供します。

2017 年には、約 50,000 人の長距離運搬トラックのドライバーが Scania 主催のトレーニングとコーチングに参加して、スキルと燃費を向上させました。この実績ある計画が他のタイプのドライビングにも拡張され、用途ベースのドライバー トレーニングと呼ばれるようになりました。

「配送ドライバーのトレーニングとコーチングは、燃費節約の達成が重視される長距離配送とは大きく異なります。込み合った市街地の運転では停車と発進が繰り返され、燃料の節約も達成可能ですが、それが最も重要な要素ではありません。最重要視されるのは安全性です」と、Scania の資格能力開発マネージャーの Tommy Durlind 氏は説明します。 

ドライバーの予見による燃料の節約

他の車、バス、自転車、歩行者が常に行き交っている中では、配送ドライバーは気を緩められません。交通規則が明示されているにもかかわらず、気まぐれな自転車や無頓着な歩行者がどこから現れるかわからない環境の中で、ドライバーは警戒を怠らず、機敏でなければなりません。

一方で、ドライバーは、渋滞や頻繁な事故による遅延という避けがたいリスクにもかかわらず、タイトな納品スケジュールも守らなければなりません。商品棚への補充を待っている食料品店の場合は特に、午前中の交通混雑を避けることもできません。

「アドバイスできるとしたら、ミラーをフルに活用することと、ストレスを感じる状況でも穏やかな運転スタイルを保つことです」と、Durlind は言います。「予見することで、ドライバーは難なく赤信号に進み、信号が青に変わる頃に着くようにできます。それによってブレーキを避け、燃料を節約できます。」