スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania Citywide ハイブリッド

都心部と郊外に最適

ポーランド製の Citywide ハイブリッドが出発

ハイブリッド技術はポーランドのスウプスクで進行中です。 この市にある Scania の工場は、Citywide ハイブリッド バスをスウェーデンのバス会社 Vårgårdabuss に提供しています。

12 台の Citywide ハイブリッド バスがポーランドのスウプスクにある Scania の工場で製造され、お客様である Vårgårdabuss に納品されています。 このスウェーデンのバス会社はそのフリートに約 60 台のバスを保有しており、それには購入した最初のハイブリッドのモデルも含まれています。 バスは、輸送サービス提供会社 Västtrafik による運行でアリングソースを走行するため、燃料効率に関して高い要求を満たす必要があります。

エレクトリック製品による将来

Joakim Claesson 氏は Vårgårdabuss の共同所有者です。 「電気は次世代のエネルギー源なので、できる限り早く始められると有利です」と彼は述べています。 「誰もがこぞってこれに取り組むことになるでしょう」

新しいハイブリッド バージョンの Scania Citywide は、低床のドアを特長とし、都心部と最大速度 100 km/h で走行する郊外の両方に適しています。 運転手の観点からは、ハイブリッドと従来の軽油の間にほとんど違いはありません。

「ハイブリッドでは運転がより穏やかになる可能性があります」とスウプスクで Scania のマネージング ディレクターである Peter Björk は述べています。

運転手にとって重要な役割

バスには、運転手が燃費のよい方法で運転していることを確認するために、運転中に星を示すディスプレイが装備されています。 「これは目安として機能しますが、運転手は燃料消費を減らす最適な方法を理解する必要があります」と Björk は言います。

ハイブリッドの場合でも、燃料を節約するためには運転手のトレーニングが重要であると彼は強調します。 「運転手が燃料消費に与える影響は大きいです」と彼は言います。

Björk によると、開発と生産の最大の課題は、継続して「過去の取り組みを超える」ことです。

「次に造るバスというものは、過去のバスの性能を超えて、常に最高でなければなりません」と彼は言います。 「次にお客様がバスを必要としたときにお客様が弊社を選択する理由の一部は、私たちが提供する製品の性能なのですから」