日本
追求中に

追求中に

Scania Transport Laboratory

史上初の EURO 6 への道

新しい車両をテストし、運転手が経験する状況を詳しく調査することを追求する中で、Scania Transport Laboratory の車両は本当に驚くべき道路距離を走行しました。 この画期的な車両は、実際の輸送業界のデータを取得するための Scania のツールの 1 つである、Transport Laboratory が運転する 35 台のフリートの一部です。

研究所のフリートの車両は G 280 から R 730 までにわたり、スウェーデンのセーデルテリエとオランダのズウォレの間でギアボックス、エンジンなどの貨物を輸送するために使用されます。 フリート内の車両の車両総重量は平均 35 トンで、重量は 22 トンから 78 トンまでさまざまです。

Scania Transport Laboratory は Scania の全額出資子会社ですが、独立した輸送会社として運営されています。 その CEO は Anders Gustavsson です。 「私たちが Scania の研究開発部門から与えられた使命は、新しい車両の運行データを迅速に生成することです」と Gustavsson は説明します。 「収集したデータは Scania の製品と輸送ソリューションをさらに向上させるために使用されます」

Gustavsson は、R 580 の平均燃料消費は 100 km あたり 29.8 リットルであったと述べています。

Scania では約 100 人の運転手を雇用し、輸送研究所のフリートを 1 日 24 時間稼働することでその重要な使命を遂行しています。 セーデルテリエとズウォレの間の距離は約 1,300 km で、4 ~ 6 人の運転手が交替で勤務しています。 各車両は毎週約 10,000 km 走行し、フリートのアップタイムはほぼ 100% です。

Cem Kizilkaya は Scania Transport Laboratory の車両マネージャーです。 「このような運転を実施するには包括的な運転手管理の計画が必要です。私たちにはそのための優れた方法があります」と彼は言います。

日本の輸送会社であるトランスウェブは、弊社の研究所の計画ツールを研究し、非常に効率的であることがわかったのでそれを手本としました。 今ではトランスウェブの運転手と経営陣が 3 回 Scania Transport Laboratory を訪問し、トラックの効率的な運転とフリートの運用について学んでいます。

Scania Transport Laboratory で働いている職業運転手は割り当てられるトラックがどれであっても気にしないと考えるかもしれません。 しかし、ここでも V8 が王者です。 「ほとんどのトラックはそのナンバー プレートで呼ばれますが、R 730 は別です」と Kizilkaya は言います。 「経験豊富な運転手にとっても V8 トラックの運転は特別なのです」

  • rich-text-image Scania Transport Laboratory が所有する Scania R 580 は、2015 年 10 月にそのオドメーターが 900,000 km に到達する予定です。これは、ほぼ確実に世界で最長距離を走行した Euro 6 V8 トラックです。
  • rich-text-image 経験豊富な運転士である Annette Lindström は運転手として 30 年の経験を持ち、過去 5 年間は Scania Transport Laboratory で勤務しています。

走行中に研究

5 つの質問

Annette Lindström は、実際の輸送業界のデータを得るための会社の研究施設である Scania Transport Laboratory で働く 100 人近くいるの運転手の 1 人です。 Lindström が R 580 での任務に出発する前に Legend はなんとか彼女に追いつきました。

  1. Scania Transport Laboratory での勤務は他の長距離輸送会社での勤務とどのような点が異なりますか。

    大きな違いがあります。 私は 1986 年から運転していて、輸送ビジネスで多くの経験を積んでおり、輸送研究所では 5 年間働いています。 この職場が特別なのは、ここで行われている研究を通して業界の発展に関与できることがとてもおもしろい点です。

    また、輸送研究所での運転は実に安全です。 何か起きた場合には常にすばらしい支援を受けることができます。 新しい車両が絶えず登場するので、1 日として同じ日はありません。 この新しい働き方に慣れるには少し時間がかかりました。 たとえば、スウェーデンから南に向かって運転する場合、オランダに向かう途中でほぼ毎日新しい車両を受け取ります。これにはびっくりしています。 以前は、当たり前のことですが、同じ車両を運転するだけでしたから。
     
  2. 通常の 25.25 メートル タイプのトラックと比べて 31.5 メートルのトラックを運転するのはどういうものですか。

    実際、直進しているときに大きな違いはありません。 トラックの長さを感じるのは、主に休憩をとるために停車しようとするときです。 運転している 31 メートル以上のトラックを駐車するスペースがどこにあるかを考える必要があり、一部の駐車場所では確保しにくい場合があります。

  3. V8 トラックの運転はどのようなものですか。

    抜群です。 このトラックは運転しやすく、特に坂を上っているときにそう思います。 最近は 2 倍の荷物を積んだトラックでもスピードがあまり落ちることはありません。 間もなく R 730 を運転する機会が得られることを期待しています。 私が本当に楽しみにしている車両なのです。

  4. 輸送研究所で追加のトレーニングを受けられましたね。 それはあなたの運転に影響しましたか。影響した場合、どのようにでしょうか。

    Scania に入社してから特に感じたことは、経済的な運転を重視していることです。 以前はフル スロットルがすべてでしたが、現在は要求が厳しくなっているため、環境に優しく経済的な方法で運転することに絶えず挑戦しています。

  5. あなたは勤務中以外にも V8 が搭載された 1960 Oldsmobile を運転していますね。 どのようなものですか。

    私の Oldsmobile コンバーチブルは私の主な趣味で大切にしているものです。 絶えずレストアしていて、今年は塗装部分を補修したり、内装材を交換したり、1 ~ 2 か所手を入れる予定です。 自由な時間にはドライブに出掛けることが多く、この夏は友人数人とタリンに行き、あちこち見て回る予定です。
「オランダに向かう途中でほぼ毎日新しい車両を受け取ります。これにはびっくりしています」

データ

Scania Transport Laboratory のドライバー Annette Lindström
年齢: 56
家族: 4 人の子どもと 2 人の孫
興味: 古いアメリカ製の V8、猫、家族