スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

バルセロナの障害物コースを A.T. Robles と交渉

アブレラのカタロニアタウンにある最新式の倉庫からバルセロナの狭く込み合った通りへ商品を運ぶために、運送会社の A.T. Robles は Scania の液化ガス トラックを使用して、この賑やかな都市の過去と未来の課題をクリアしようとしています。

バルセロナへの毎日の商品配送は、困難な物流演習であり、経験、スキル、臨機応変さが必要です。郊外の近代的なデポや倉庫からダウンタウンの配送先まで商品を運搬するための高度に洗練されたシステムも必要です。また、それは、スペイン最大の食料品店 Mercadona が地元の運送会社である A.T. Robles と Scania の協力によって開発したものでもあります。

Barcelona-20

荷積み作業時間は 5 分間

この月曜日の朝、A.T. Robles のドライバー、José Manuel Carballo 氏は Scania 液化ガス トラックでアブレラに乗り付けました。彼は厳格に決められた 5 分間の時間枠内に到着して、あらかじめ決められている搬入口でリサイクル材料を下ろしてから、乾物を積み込まなければなりません。8 時間ごとにすべての荷物が空になり、再び補充される巨大な物流センターは巨大な時計のようであり、ドライバーは正確な時間に正確な場所にいることを期待されています。

トラックの荷台を空にして、清掃し、再び荷積みすると、Carballo 氏はカレル・デル・デュエロにある Mercadona スーパーマーケットへの 40 キロの旅に出発します。広大な倉庫の荷積み施設とは対照的に、大都会であるバルセロナ地域での都市配送は毎日が挑戦です。100 万台近い車が限られた路面を奪い合い、2 万台以上のトラックとその 2 倍のバンがお決まりの交通問題に対処しなければなりません。

未来への投資

Scania 液化ガス トラックの運用は、A.T. Robles にとって未来への投資です。交通規制について、バルセロナはスペインの首都であるマドリードより有名ではないかもしれませんが、空気浄化目標は遠大であり、世界保健機構の規格を満たすために汚染の 30% 削減を目指しています。

事実、バルセロナは、都心部に入る車両について排出分類システムを実現したスペインで最初の都市です。CCTV システムは、ナンバープレートを国の車両登録データベースに照合して、各車両の排出性能を識別します。

「ガス トラックは粒子排出の点で有利です。流入規制されているときでも市内に入ることができ、燃料費も安いです」と言うのは、A.T. Robles の所有者兼社長の Albert Esteve Calderó 氏です。

「都市配送プロセスにおける最も重要な課題は、交通に直接関係しています。渋滞、事故、交通規制...何と言えばいいのか。市内に入ると、配送は障害物競走です。」

Albert Esteve Calderó

A.T. Robles 社所有者兼社長

交通が都市配送を障害物競走にする

燃料に関係なく、トラックはバルセロナの交通混雑に対処しなければなりません。朝と夕方のラッシュアワーには、同じ距離を進むのに 1.5 倍の時間がかかり、この数字は悪化する一方です。

「まず、渋滞があり、バスがいて、もちろん、他のトラックもいます。都心部に入ると、さらに混雑していて、多数のモペッド、自転車、歩行者があちこちから出てきます」と、Esteve Calderó 氏は言います。数年のうちに、配送はより困難になると彼は考えています。「次の 5 年から 10 年の進展を推測するのはリスクが高いでしょう。変化は急に起こり、誰にも予測できません。しかし、規制が強化され、燃料の種類が増えることは確実です。」