スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Meyer、よりクリーンで、より静かな 7 リットル エンジンを採用

都市部での食品の低温輸送のスペシャリストとして、Meyer Logistik は新世代の Scania P 280 を 1 年以上、運用してきました。「非常に静かなので、いつもお客様に電気自動車なのかと訊かれます」と言うのは、フリート マネージャーの Andreas Wurda 氏です。

ドイツのライン・マイン地方を本拠地とするこの同族企業は、食料品店向けの物流ロジスティクスの革新者として 評判が高く、 Scania の新しい 7 リットル エンジンのテスト カスタマーに選ばれました。

革新をリード

Meyer の日常業務は、画期的なエンジンと車両技術に依存しています。

「弊社は業界の最前線でいるために技術革新に投資しています」と、Wurda 氏は言います。「この新 Scania トラックに備えられた新しい 7 リットル エンジンにより、より静かで低汚染の車両を手に入れることができました。市内中心部での早朝の配送など、制限があるルートで使用しています。 そういう場合、 ドライバーは、 静かなこの車両を選びます。ドライバーは、人々に迷惑をかけずに安心して作業できます。単純なことです。」

荷物を軽くする Scania 7 リットル エンジン

Scania の新しい軽量な P 280 により、Meyer は都市部での運用の燃費とペイロードの両方を向上させました。同社の信条は、1 台の車両でできるだけ多くの商品を最短ルートで運ぶことです。このためには、高度な調整と多種多様な最新車両が必要です。

Wurda 氏によると、同社は約 1,200 台のトラックを運用しており、そのうちの約 1,000 台がドイツ国内にあります。また、そのように多数の車両がある場合、エンジンと車両の最適化による排出量の削減は莫大です。

SCANIA_TF_02

持続可能な未来への投資

「Meyer Transport の車両管理者として、私はこの新 Scania 車と新しいエンジンに非常に満足しています。非常に静かでクリーンだからです。」

Meyer にとって、イノベーション リーダーであることは、単なるビジネス以上のものです。「将来、私たちが生き残れるかどうかは、排出量を削減することにかかっています」と、彼は言います。「ですから、イノベーションに投資して、責任を取ることは、私たちにとって非常に重要なことです。」

「最大の課題であり、最大の課題であり続けるのは、排出量をさらに削減しなければならないことだと思います。」

Andreas Wurda

Meyer Transport 社車両管理者