スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania トップ チーム

世界中のワークショップの保守技術者

8,000 人の保守技術者が Scania のグローバル コンペティションに参加

"Scania トップ チーム" は、世界中の Scania ワークショップにおいてスキル、知識、プロフェッショナリズム、チームワークを継続的に向上させるために開発されたコンペティション形式のトレーニング プログラムで、受賞歴もあります。 この競争により、優れたスキルを持つプロフェッショナルを業界に呼び込むこともできます。

60 か国以上から約 8,000 人もの技術者が参加して、トレーニングを受け、競争しながらチームワークを養い、それぞれのスキルの向上に努めます。 結果として、Scania のお客様に、より効果的なサービスを提供することができるようになります。

「スキルを称賛するためのすばらしい手段です」

「世界中の Scania ワークショップの究極の目的は、お客様のビジネスをサポートするためのサービスを提供することです」と Scania の商業部門担当エグゼクティブ バイス プレジデントである Christian Levin は述べています。 「この目的の実現には、高度に熟練した保守技術者が必要です。 "Scania トップ チーム" は、毎日最前線で働いているスタッフの土台となっている頭脳、技術スキル、チームワークを称賛するためのすばらしい手段です」

Scania の継続的改善の哲学が示すとおり、25 年前に国内のトレーニング イベントとして始まった "Scania トップ チーム" は、今や世界中から参加者が集まるグローバルなプログラムへと進化しました。 最近のものは、世界レベルになってから 9 回目の大会で、これまでで最も規模の大きいものでした。 60 か国以上から 8,000 人以上が参加して、世界中の Scania ワークショップで保守関連の理論と実技のトレーニングを受けました。

各国の国内大会は、理論の課題が与えられることから始まり、実技と理論の両方を含む課題で決勝戦が行われます。 そして、この各国内大会の優勝者が、地域で 5 つに分けられた国際地域大会に出場します。 スウェーデンのセーデルテリエで行われる世界大会に出場する権利を与えられるのは、これらのチームのうち、10 チームだけです。

受賞歴のあるコンペティション

この "Scania トップ チーム 2013" イベントは、スウェーデンのスポンサーシップおよびイベント協会 (Sponsorship and Events Association) 主催のゴールデン ホイール賞で "イベント オブ ザ イヤー" に選ばれました。 この B2B の "イベント オブ ザ イヤー" にノミネートされたのは、ABBA ミュージアム (Abba the Museum) とスウェーデン音楽の殿堂 (Swedish Music Hall of Fame) の開館記念式典、コンピューター サービス会社 HP の "パートナー サミット (Partner Summit)"、コンピューター サービス会社 IBM の "スマーター ビジネス (Smarter Business)"、スウェーデンの生命保険/年金会社 SPP の "未来のゲーム (Spelet om Framtiden)" の各イベントです。