スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

エンジン始動に備える

新型 V8

V8 テストドライバーの ストーリー

フィールドテストドライバーの Rickard Sjöstrand は V8 エンジンのうなり音が大好きです。 一方でScaniaでは、経験豊富なドライバーが新世代トラックについてどのように考えているのかを知りたいと思っています。 Sjöstrand は 2016年夏からScania S 650 6x2 Euro 6 を運転していますが、今でもエンジン始動の瞬間を楽しんでいます。

雪の日の Rickard sjöstrand
Sjöstrand は、言います。「私の以前のトラックもScania V8 でした。しかし、この新モデルのシリンダーはストロークが長いので、エンジンのうなり音は本当に素晴らしいものです。」

エンジン出力の重要性

NEXT GENERATION SCANIA を診断するフィールドテストドライバーとして、Sjöstrand は新しい V8エンジン のパワーも高く評価しています。

「以前のトラックは 580 馬力しかありませんでしたが、この新しいトラックは 650 馬力あり、そこには大きな違いがあります。 エンジンは非常に強力であり、スムーズに機能します。 大きなエンジンはより多くの燃料を消費すると思われますが、実際には、以前のトラックよりも 100 Km あたりの燃料消費が 3 リットル少なくなっています」。

Sjöstrand は、Ljungbyhed に拠点を置く Eurolink 社でフィールドテストドライバーに選ばれました。 「もちろん、誰かがオファーを既に辞退したからではなく、私のフィールドドライバーとしてのスキルに対し、Eurolink 社が私に依頼したと思っています」

2年間に及ぶフィールドテスト

Sjöstrand は 2016年夏から2018 年夏までの間、S 650 を運転し、その間の彼の経験をすべて Scania に報告します。

「私がテストドライバーとして働くのは、今回が 2 度目です」と、彼は語ります。 「新しいトラックの開発を手伝うことは、私にとって大きな経験となります。また、Scania は私の意見を聞いてくれているという手ごたえを感じます」

Sjöstrand は平日は毎日運転しており、2 週間働いた後に、1 週間の休暇を取ります。 彼は、袋詰めのコンクリートをスウェーデンのセーデルマンランド地方のストレングネスから、ノルウェーのスタバンゲルおよびオスロにある 20 箇所のホームセンターに配送します。

1 度の運行では 3 パレットを運びます。1 パレットを積み込むには 15 分かかります。 しばしば夜に荷下ろし現場に行き、そこで泊り、時には友人と会います。 「昨日、現場に行くと、同僚が会社のサウナで温まっていました」と彼は説明します。 「短い時間でしたが、座って話すことができて楽しい夜を過ごせました」。 

トラックでの豊かな暮らし

年月を重ねるにつれて、E18 自動車道路が Sjöstrand の第 2 の家となっています。 自分の時間を過ごすためにオーディオブックを持っていて、おすすめの物語を同僚と交換しています。

「私は様々な種類の物語を聴きますが、特に私のお気に入りは、『The Hundred-Year-Old Man Who Climbed Out the Window and Disappeared』と『A Man Called Ove』です。 両方ともとても素晴らしい物語で映画化もされています」と彼は語ります。

この秋で、Sjöstrand がプロのドライバーとしてのキャリアは15 年目になりますが、それよりもずっと長くトラックで旅をしてきました。 貨物マネージャーをしている彼の父親や、親戚もトラックを運転していたため、キャビンから見た、明るく日が照る夏の道路の思い出がたくさんあります。 「ダーラナ地方に親戚がいて、小さな子供のころから休暇中にはそこでトラックに乗せてもらっていました。

年齢が上がるに連れ、休暇のすべてをトラックの中で過ごすようになりました。トラックの高いところに座った感覚は、幸せな生活の一部であり、私は自由を感じます」。