日本

研究開発

革新的な文化をはぐくむ

革新によりアップタイムが向上

Scania は世界をリードする研究開発に大きく投資しています。 お客様は、車両のアップタイムを向上させる信頼性の高い革新的なソリューションを求めています。

Scania は Euro 6 エンジン レンジの発売を成功させた後も引き続き低排出ガス輸送ソリューションに集中して取り組みます。 近い将来、Scania は代替燃料とハイブリッド化にもさらに重点的に取り組む予定です。

Scania は、大学、研究機関、サプライヤー、お客様、その他のパートナーと継続的に協力し続けた結果として、その革新力を増大しています。 これにより、革新的な文化をはぐくみ、将来の成長と開発に必要なスキルを確保し、より持続可能な輸送ソリューションを達成するためのアイデアを生み出しやすくことができます。 Scania はその中でもスウェーデンの KTH スウェーデン王立工科大学、チャルマース工科大学、ルーレオーとリンシェーピングの大学と協力しています。 もう 1 つの重要な財産は、Volkswagen Group のグローバル開発ネットワークにアクセスできることです。

Scania は Volkswagen と学術パートナーとの連携から得られるメリットにより、トレンドと新しい技術開発により迅速に対応できるので、その結果ソリューションをすばやく見つけることができます。 技術的なリーダーシップは、適切なパートナーとの協力にかかっています。

お客様の日常業務を理解することは非常に重要です。 世界的な企業として、Scania はグローバル ソリューションを具体的な市場のニーズに適合させる必要があります。 運用環境が異なる新しい市場とセグメントでは、特定の運転距離、稼働率など現地の要件に既存の製品を適合することに焦点を合わせる必要に迫られる可能性があります。 または、新しい製品の開発に集中する必要があるかもしれません。 エネルギー資源とエネルギー政策は国によって異なるため、Scania は高度な柔軟性と幅広いソリューションを提供する心構えが必要です。

コネクテッド ビークル (インターネット常時接続車) の分野は、Scania の研究開発に有益なデータをもたらします。 データを収集することで、さまざまな運用環境での車両の性能を分析できます。 データは、新しい高度なドライバー アシスタンス システムを開発するために運転手の行動を分析するためにも使用できます。