スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Hyundai と Scania

次世代の掘削機

Hyundai と Scania が提携を発表

Scania は新たな提携のもと、Hyundai Heavy Industries の建設機械部門が製造する次世代の大型掘削機とホイール ローダーにエンジンを供給します。

この提携には、Scania が 9、13、および 16 リットル モデルの全レンジのエンジンを供給することが含まれます。 特に現在最も厳しい排出基準である Tier 4f を満たすことに重点を置きます。 Tier 2 と Tier 3 排出基準を満たす装置も導入されます。

Scania エンジンが搭載された Hyundai の最初の建設機械は、HX520 掘削機になる予定です。 331 kW 出力できる 13 リットルの Scania Tier 4f エンジンが搭載されます。

Scania Engines の主要アカウント マネージャーである Per Nielsen は、HX520 掘削機はパリで開催される INTERMAT 建設業見本市で発表されると述べています。

「Hyundai Heavy Industries との提携を発表できることを大変うれしく思います」と彼は言います。

「開発段階から Hyundai と非常に緊密に連携しました。 Scania エンジンを Hyundai の機械に適合させ、特に燃費経済性、運用の効率と総コストを重視しました」

さらに 3 つの掘削機モデルに Scania エンジンが搭載され、発売される予定です。それは 13 リットル エンジンが搭載される HX480、16 リットル V8 エンジンが搭載される HX700 と HX900 です。 2 つのホイール ローダー モデルも発売されます。それは HL970 と HL980 で、それぞれ 9 リットルと 13 リットルのエンジンが搭載されます。

Hyundai Heavy Industries は信頼性と耐久性から Scania エンジンを選びました。性能と品質が向上することで掘削機とホイール ローダーの売上が向上することを期待しています。 また、同社は運用モードに応じて燃料効率の向上 (2% ~ 10%) を期待しています。

Hyundai Heavy Industries (HHI) について

Hyundai Heavy Industries は、世界トップクラスの建設機械メーカーの 1 つです。 同社は、造船、海洋工学、産業プラントと工学、エンジンと機械、電気電子システム、環境に優しいエネルギー、および建設機械に特化した事業部門を運営しています。