スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

うってつけの人材

お客様を理解する

サービス経験から営業へ

ワークショップとロード、両方の経験を持つ Jessica Piri は、とりわけサービス市場のセールスとして最適な人材です。

 

去年の夏から彼女は、Häggvik と Norrtälje にある Scania-Bilar Stockholm で点検契約、グリーン カード契約、タコグラフ サービスなどの Scaniaサービスを販売しています。

「普段、ワークショップの作業場を訪れサービス契約を結んでいない車両を探します」と彼女は言います。

その輸送会社の車両とビジネスについて調査を行った後で、Jessicaは電話をかけ、Scaniaのサービスを提案するための訪問のアポイントメントを取ります。 すぐに断る人はほとんどいません。 むしろお客様はサービスに関する詳しい情報を求めていると感じます。

「この仕事の一番いいところは、お客様を訪問することです。 お客様も私たちの訪問を快く受け入れてくれます。 攻める営業をする必要はなく、また私にそれができるとは思いません。私たちのサービスはお客様にとってよいものだと理解してもらうことです。お客様は コストを節約できるのです」

フッディンゲの高校で車両プログラムを履修した後、彼女は Scania と Jordbro のワークショップでの仕事の募集要項を知りました。

「私がその仕事に魅かれたのは、実際に作業ができる機会が与えらることと物を修理する喜びでした」

Jessica は Jordbro で4年間車両点検と請求書作成の職務で管理業務に就きました。 点検については自分が熟知している分野であると彼女は断言します。

ある日彼女はワークショップで非常にすばらしい運送業者と出会い、彼にトラックの運転を始めたいと伝えました。 彼女の希望は聞き入れられ、ハーニンゲにある輸送会社 Ullman Kylfrakt で働くことになりました。 大型車両を試乗できるようにScaniaでトラックの資格を取得して新しい職場に臨みました。

Ullman Kylfrakt のビジネスのターゲットではありませんでしたが、彼女は Scania R 480 クレーン車を運転したこともあります。クレーンは、冬には除雪器の役割も果たしました。 夜の非常に長い勤務シフトの間、ナッカの幹線道路と市道で除雪を行ったこともあります。

「冬の6 か月間、私はいつ呼ばれても対応できるように待機していました。 マニュアル ギアで運転していたので、除雪にとりわけ苦労し、腕が痛むことがありました。 点検ピットにぴったり合わせる練習を重ね、トラックの位置に関する感覚は改善しました」

他の時期は、ストックホルムのエリアでクレーンを運転していたこともあります。

「廃車から土壌や砂利まで、持ち上げる必要があるあらゆるものを動かしました。クレーンの操縦がとてもうまくなりました」

都心部のストックホルムでの任務も行いました。交通を遮断し行うクレーンの作業は誰もしたがらない仕事です。 せっかちな運転者にホーンを鳴らされることもあります。

「正直、そういう厄介な人たちには、腹が立つこともありました」

Jessica は 4回のスウェーデン特有の暗い冬を凍えながら過ごした後、さらに転換期を迎えたと感じ、サービス市場のセールスとなるオファーを承諾しました。

「最初は不安もありましたが、周囲は本当に親切で楽しい人ばかりでした。 もちろん、時には何か嫌なことがあったのだろうと思われる不機嫌な運送業者もいました。悪化する経済状況にストレスを感じているのかもしれません。そのような状況では特に、Scaniaとの契約によって車両の寿命を延ばしコストを下げることが重要です」

そのような中で、オーランド諸島のバスの点検契約で大きな進展があり、定期点検の仕事も始まりました。

「この職務に就く人間として、私のような『女性』を受け入れることがお客様にとって難しい場合もあります。でも、私が実際にクレーンを運転し、トラックに油を差していたことがわかると、突然見方が変わり、すべてが順調になります。 私は本当に自分に合った仕事を見つけられたと思っています。 毎朝起きるのが楽しみです。 そしてもう寒い夜を過ごす必要はありません」