スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

一流の賞の受賞

フェルディナンド・ポルシェ博士賞

競合から生まれる革新

Magnus MackAldener は先日、Scania の排出ガス処理に関する優れた研究が評価され、有名なフェルディナンド・ポルシェ博士賞を受賞しました。 この受賞は、Scania の研究開発部門に所属している同僚の Lars Dahlén との緊密な連携と協力によって実現したものです。

異なる 2 つの部門間のダイナミクスが原動力となって、この市場で最初かつ最小の排気ガス後処理制御システムが生まれ、Euro 6 での排出ガス規制準拠が実現したのです。 彼の受賞は、この市場 (490 馬力までのクラス) で最初かつ最小の排気ガス後処理制御システムを製造したことによるものです。このシステムにより、Euro 6 での排出ガス規制準拠も実現しました。

「もちろん、チーム全体の努力の結果です」と MackAldener は言います。 「多くのエンジニアが長期間一生懸命に作業してくれたおかげです。 もちろん、あつれきもありました」

徹底的なディスカッションと歩み寄り

彼は、それぞれ異なる目標を掲げている 2 つの強力な部門が、いかにしてディスカッションを継続し、さまざまな要件に対応するべく歩み寄りの努力を重ねたかについて、説明してくれました。 この場合、2 つの部門とは、MackAldener が所属するエンジン開発部門と、Lars Dahlén が所属するシャシ開発部門のことです。

「私の部門にとっての重要課題は、排気ガス後処理制御システムから最高のパフォーマンスを実現することでした。一方、Lars の部門では、同システムをできるだけ効果的に車両に組み込むことが目標でした」と MackAldener は言います。 「この点において、サイレンサーのサイズが重要な役割を果たしました」

恵まれた社風

Lars Dahlén は、エアバッグや Audi Quattro の四輪駆動システムなど、過去に同じ賞を受賞した画期的な技術革新と同等の評価を獲得したことを大変光栄に思っています。

「ほとんどの場合、革新的な技術は要件の競合の中から生み出されました」と Dahlén は言います。 「競合こそが、新しいソリューションを創造したのです」

脱線から生まれるもの

Scania では、本筋からの脱線が新しい開発につながることがよくあります。このプロジェクトもそうでした。

「競合は時々あるけれど、うまく運んでいることも多くある。受賞したことで、それを再認識しました」と Dahlén は言います。 「苦労は必ず報われる。この経験を基に、次のプロジェクトでも頑張ります」

知識の共有

MackAldener と Dahlén は 2 人とも、部門間で知識を共有し、お互いに学び合うことこそが成功への鍵であると力説しています。 当時、知識を共有するためのシステムは整っていませんでした。 どちらかといえば、経験豊富なスタッフが若い同僚を教育するというオープンで寛容な社風の結果として、知識の共有が実現しました。

Dahlén は言います。「プロジェクト全体で情報が自由に流れ、誰もが事情を把握することができました。 もちろん、密接な協力やコミュニケーションも楽しみでした」

MackAldener は言います。「プロジェクトに最終的に関わった 90 人のうち、最初から参加していたのはごく少数です。 これがつまり、知識の共有が効果的に行われたという証拠です」

過去の受賞者の例

1981: Jürgen Paul & Heinz Leiber、Mercedes-Benz & Bosch、ABS

1983: Jörg Bensinger、Audi、Quattro (四輪駆動システム)

1999: Anton van Zanten & Armin Müller、Bosch & DaimlerChrysler、ESP

2007: Hans-Michael Güther、SGL Brakes、カーボン セラミックス ブレーキ ディスク

2011: Wolfgang Huhn & Kamislav Fadel、Audi & Automotive Lighting、LED ライト テクノロジー