スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

エンジン テクノロジー

常に一歩先へ

    インジェクション、燃焼、ターボチャージ システム

    はるか先を見通し、予想できることは、エンジニアリング部門と同じくらい Scania の運転手にとって重要です。 このため、私たちはエンジン テクノロジーに関して常に一歩先を行き、主要コンポーネントを自社で開発しています。 私たちは経験と専門知識を活かして、お客様の業績を最大限に高め、燃料を節約し、安全性を向上させて、メンテナンスを最小限に抑えるという 1 つの目的を念頭に置いてエンジンを構築しています。

    Scania エンジン マネジメント

    Scania エンジン マネジメント システムは、Scania 車両の中枢部で、全面的に制御されています。 Scania では、エンジンやトランスミッションの技術者と密接に連携して、システムを徹底的に構築しています。

    私たちは、エンジン性能の全局面を確実に制御できるように新世代のエンジン マネジメント システムを開発しました。 Scania 車両のオーナーは、燃料噴射、EGR、チャージ エア、冷却ファンとエンジン動作温度、バリアブル ジオメトリー ターボ、エグゾースト ブレーキング、排出ガス規制の準拠 (NOx 制御) および排出ガス処理を全面的に管理することができます。

    Scania の専用エンジン マネジメント システムには、高度な車載診断機能と高度な分析を行うための運行データの詳細な記録という付加価値もあります。

    燃焼コンセプトの完成

    Scania は、燃料効率の可能性を最大限に高め、二酸化炭素排出量を削減し、十分なトルクを実現するために Scania モジュラー燃焼コンセプトを開発しました。 すべてのエンジンは、燃焼効率に全面的に専念して製造されています。

    新しいエンジンの開発は、最適化された単気筒ユニットの作成から始まります。 デザイン各部のバリエーションについては、評価と改良が加えられ、必要とされる出力特性が最大限に得られるようにします。 

    最適化の可能性が最大化されるのは、ボアとストロークのサイズが、私たちが維持する特定の範囲内に収まるときです。 Scania モジュラー燃焼コンセプトの開発は、このような発見に基づいています。

    数十年にわたる開発過程でエンジン デザインは進化してきましたが、Scania のすべてのトラック エンジンは、この優れたコンセプトがベースになっています。 これらのエンジンは、燃焼室がまったく同じで、多くの場合、プッシュロッド、バルブ ギア、ローラー タペット、ピストン リングなどのコンポーネントも共通しているのです。 これにより、エンジンのメンテナンスと修理が簡単になります。

    選択触媒還元 (SCR) によりお客様の運用経済性を向上

    Scania SCR が特に適しているのは、高いエンジン負荷と大きな総重量で常に高速で走行する車両であり、各種の輸送業務に最適な選択肢となっています。 Scania は SCR または SCR を EGR と組み合わせて利用して、Euro6 排出レベルを管理しています。

    選択触媒還元 (Selective Catalytic Reduction: SCR) は、最も強力な V8 エンジンにさえ適切なクーリング リザーブを提供できます。 排出ガス中の窒素酸化物については、尿素ベースの添加剤 AdBlue による後処理で残留量が最小化されます。

    AdBlue がエグゾースト中に注入されると、サイレンサーに統合された触媒コンバーターで化学反応が開始されます。 この化学反応は、常に最適な処理が行われるよう、Scania の特許取得済みコントロール システムにより監視されます。

    排出ガス循環装置 (EGR) により排出ガスを削減

    排出ガス循環装置 (Exhaust Gas Recirculation: EGR) は、燃焼時に排出されるガスの削減を、燃焼室レベルで直接実行します。

    Scania EGR による窒素酸化物の削減は、排出ガスの一部の再利用および冷却により行われます。 これにより、燃焼温度が低くなるため窒素酸化物の量を効率的に削減できます。 また Scania EGR は、重量の削減にも寄与し、大型フューエル タンクの搭載スペースをシャシに確保できます。 一般道路であれ、建築現場であれ、市街地であれ、Scania EGR を用いれば、すべての走行環境での排出ガス削減を効率的に達成可能です。

    Scania PDE ユニット インジェクターによる安定した運転

    ハイ プレッシャー ユニット インジェクターが実現する優れた燃焼。

    PDE ユニット インジェクター (組み込みの燃料噴射システム) は、必要なタイミングで必要な量の燃料を、必要な圧力で正確に供給します。 排出ガスと燃料消費量を最小化するよう、各シリンダーでの燃焼は個別に制御されます。 これにより、運転手は、渋滞した道路や駐車区域での走行時にエンジン スピードがより安定することに気づくでしょう。

    各ユニット インジェクターはそれぞれ固有の組み込み型高圧ポンプを有しており、これらはインジェクション ポイントで個別に制御されます。 その結果、燃料消費と排出ガスが削減されます。 システムは少ない部品で構成されているため、信頼性が高くなります。 組み込みの診断機能を使用して機能テストを実行することも可能です。必要であれば、Scania の技術者を呼んで道路脇でテストすることできます。テストは数秒で終了します。

    Scania XPI

    どんな条件でも安定した性能。

    Scania のエクストラ ハイ プレッシャー インジェクション (Extra High Pressure Injection: XPI) を利用すると、燃料の供給と注入の圧力が、エンジン スピードや負荷とは独立した非常に厳密な設定が可能となります。 これは刻々と変化する速度や状況に応じた調整を連続的に施すことにより、ディーゼル燃料を最後の一滴まで有効利用する先進的なシステムです。 ここでは有害な排出ガスを削減し、性能と経済性を向上させるため、厳密にタイミングが調整された燃料噴射を最大 3 つ使用します。

    テストを受けて

    Scania Euro 6 エンジンは発売前に数千時間もの厳しいテストを受けています。