スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

競技場に電力を供給

Scania で作る電力

エネルギーに満ちた活動領域を保証

エネルギー供給会社である A Geradora は 4 か所のワールド カップ競技場に電力を供給しており、Scania の支援により電力を円滑に供給しています。

フォルタレザ、ナタール、サルヴァドール、サンパウロにあるワールド カップ競技場では、合計 14 試合が開催され、そのすべてでエネルギー供給会社 A Geradora によって電力が供給されます。 同社は、発電機、照明灯、エア コンプレッサーを含む 60 の設備機器と 40 人からなるチームを提供しています。

「ワールド カップの開始が待ち遠しいです」と A Geradora のコマーシャル ディレクターである José Cândido Terceiro Jr. 氏は述べています。 「とても興奮しており、ワールド カップ ブラジル大会の精神に夢中になっています」

経験豊富なエキスパート

A Geradora は大規模なスポーツ イベントにエネルギーを供給する高度な専門知識を持っています。 「私たちはコンフェデレーションズ カップを担当し、関与した 6 つの競技場のうち 4 つの競技場に放送サービスとオーバーレイ サービスを提供しました」と Terceiro 氏は述べ、リオデジャネイロで開催される 2016 年オリンピック競技大会の電力供給業者になることを望んでいると付け加えました。

現在のイベントでは、オーバーレイに必要な設備機器、つまりプレスルーム、キッチンなど、競技場を支援するための一時的な設備機器を供給します。 放送サービスは、他の事業者が担当します。 各競技場の間接部門に電力を供給するには約 20 メガワットの電力が必要です。これは人口 15,000 人の町に電力を供給するのに十分な量に匹敵します。

Terceiro 氏は、発電システムの設置には約 2 週間かかると述べています。 約 5,000 項目の設備機器 (600 基の Scania エンジンを含む) の在庫を持つ A Geradora は、その技術的に高度な発電機により、大規模なイベントで十分に成功すると Terceiro 氏は考えています。 「ワールド カップのような重要なイベントに参加できることで大変意欲がわき、光栄に思っています」と彼は言います。