スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania でのキャリア

可能性を最大限に活かす

自分の進路を計画する

研修生からグループ マネージャー、そしてボートのナショナルチーム選抜選手という Karin Rådström のキャリア パスは、Scania でのキャリアオファーの可能性を示すよい例です。 彼女の最近の転機はケニアでの勤務です。

Karin Rådström の Scania でのキャリアは、スウェーデンの大卒研修生プログラムを通じてScaniaでのインターンシップに参加したときから始まりました。 最初の面接を終えた直後に彼女は『Scania こそ自分にとって最高の会社である』と確信しました。Scania のオープンで前向きな企業文化が決定的要因でした。

Rådström は研修生プログラムに参加したことで多くを学び、幅広い人脈作りに役立ったと言っています。 「今でもそのときに学んだことが活かされています」と彼女は言います。 「たとえば、私は 10 日間ドライバーに同行し、トラックの中で寝るという生活をしました。 その経験によって、お客様やドライバーとの関係を築きやすくなりました」

研修生として勤務した後、Rådström はトラックの架装メーカーに重要な情報を提供する製品情報部門で働き始めました。 すぐにグループ マネージャーに昇進しましたが、ボートのスウェーデンナショナルチームに選抜されたときには練習のため半日勤務を選択しました。

変化するとき

競技に参加した後、Rådström はインターネット接続サービスの部署で責任者の職務に戻り、自身が変化するときだと考えるまでそこで勤務しました。 その後マーケティング コミュニケーションとプリセールスの責任者としてケニアに行きました。

上司と良好な関係を築き、同僚のサポートを求めることができたことで多様なキャリア パスが実現できたと Rådström は述べています。

「この職務の先に用意されている 2 つのポジションにおいて何がしたいかを私に聞いてくれる、良い上司に恵まれました」と彼女は言います。 「私はその時に『よくわかりません』と答えました。 すると彼は私をしっかりと見、『Karin、何がしたいかを伝えてくれたら、あなたを支援しやすくなります』と言いました。これは私が受けた中で最高のキャリア アドバイスでした」