日本

バス ラピッド トランジット システム

アクラでの日常生活を向上

245 台のコネクテッド バス (インターネット常時接続バス) による生産性

ガーナの首都アクラで Scania は、会社の歴史の中で最も包括的なバス ラピッド トランジット (BRT) システムを展開しています。 245 台のコネクテッド バスを専用レーンで運行することで、アフリカ最大都市の 1 つで生活の質を向上させています。

人口 400 万人のアクラでは、開発途上国の他の多くの主要都市と同じ問題に取り組んでいます。 アクラの道路網の約 70% はパンク状態にあり、走行している自動車の数はここ 15 ~ 20 年の間に 5 倍に増大していると推定されます。

  1. ガーナの運輸大臣である Dzifa Attivor 氏は、安全で高品質のバス システムをアクラに確立することは政府の責任であると述べています。

「包括的なパッケージが必要でした」

ガーナ政府とアクラ市の代表者は、決断を下す前に複数の国のバス システムを調査しました。 「南アフリカのヨハネスブルグで、私たちは単なる高品質のバスのフリートだけでは十分でないと認識しました」と Attivor 氏は言います。 「私たちは、チケット システム、運転手トレーニング、サービス、およびメンテナンスが揃った包括的なパッケージが必要でした。 そしてこのタイプのソリューションでは Scania が最良の選択肢でした」

ソリューション

245 台のバスに加えて、アクラの BRT システムには、長期間の融資、電子式の現金のいらないチケット システム、すべての車両のサービスとメンテナンスを行う大規模で最新式のワークショップ、600 人のバス運転手のトレーニング、BRT システムの開始と運用に関するアドバイスとサポートが組み込まれています。 また、バスは障害のある人にも対応しています。

「Scania はここで正真正銘のお客様視点を取り入れました」と Scania West Africa のマネージング ディレクターである Fredrik Morsing は述べています。 「私たちは車両とサービスを提供するだけのバス メーカーではもうありません。 私たちは視点を変え、お客様が本当に必要としているものに目を向けるようになりました」

アクラでの生活の向上

日常生活の向上

アクラ市の市長である Alfred Oko Vanderpuije 氏は、首都での開発プロジェクトを大変誇りに思っています。

「高品質の BRT システムにより、安全性が向上し、人々は時間どおりに仕事に行くことができ、利便性が向上しました。 ただし、市の輸送システムを最新式にするからと言って、小型バスによる古いシステムを捨てたりはしません。 古いシステムも引き続きその役割を果たしますが、最新式にして、運行会社間の連携を強化する必要があります」と同氏は言います。

Hon. Dzifa Attivor 氏は、首都の新しいバス システムが気候と環境に及ぼす影響という側面についても熱心に強調しています。 これらの側面は政府の支出削減とも密接に連携しています。

包括的な視点

「今日の気候変動の課題を考えると、私たちはより包括的にこの問題に目を向ける必要があります」と Dzifa Attivor 氏は言います。 「このように大型で効率性が良く高品質のバスを導入することで、コストを節約できると同時に環境にも配慮することができます」

「これは初めて私たちが引き受けた包括的なシステムでした」と BRT システムの導入のプロジェクト マネージャーである Christian Persson は述べています。 「ファイナンシャル ソリューションとパッケージ化された包括的な輸送ソリューションを販売することは、世界のこの分野に進出するのに適した方法だと考えます。 私はアフリカの他の国々にも大きな可能性を感じています。 Scania West Africa はこのプロジェクトによりこの分野の先駆者となりました。 これが Scania の将来です」