スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

自動運転トラック

世界初の自動運転トラックによるフルスケール 隊列走行

シンガポールの公道を走る自動運転トラック

Scania は、高度なテクノロジーをベースに、自動運転トラックによるフルスケールのプラトーン走行を世界で初めて設計します。 このプラトーンは、シンガポールの公道を走行し、港湾ターミナル間のコンテナ輸送を行います。

自動運転
自動運転

最先端のテクノロジー

Scania は、最先端の自動運転テクノロジーおよびプラトゥーニング(隊列走行)において、非常に優れた技術を持っています。 先頭のリード トラックの後に自動運転の 3 台のトラックが連なる形式で、4 台のトラックから構成するコンボイの隊列を組むことが目的です。また、カーゴの正確なドッキングやアンドッキングのためのプロセスの完全自動化も目的としています。

環境に優しい輸送システムの複数年プロジェクト

自動運転車両およびプラトゥーン走行は、環境に優しい未来の輸送システムの要となるものです。 この複数年プロジェクトは、運輸省およびシンガポール港湾庁 (PSA) によって計画されました。 Toyota もこのプロジェクトに参加しています。

シンガポール政府は、新しい自動運転車両テクノロジーの最前線にいます。 シンガポールでは、これまでに自動運転の乗用車、タクシー、特定用途車、バスのテストが行われており、トラックのプラトゥーン走行のコンセプトについてもテストが行われる予定です。 トラックのプラトゥーン走行では、すでに大幅な燃料節約実現の可能性が示されており、道路の安全性の向上も期待されています。

我々が如何にしてシンガポールの港湾の生産性を飛躍的に向上させることができるかをご覧ください。

Claes Erixon の言葉

テクノロジーのパイオニア

「Scania はこの分野のパイオニアです。この分野は、交通事故を削減するだけでなく、輸送が環境に及ぼす影響を大幅に削減する可能性も秘めています。」

Claes Erixon

Scania 研究開発部門長

生産性を向上させるチャンス

シンガポールでは、車両の台数が 100 万台に迫りつつあり、全陸地面積の 12% が道路輸送と陸上交通のインフラに使用されています。この戦略では、増加の一途をたどる交通需要と国土の制約の課題への取り組みが行われています。 また、運転手不足も深刻な問題の一つです。

シンガポールは、新しい車両コンセプトのための “生きた実験場” としての地位を確立しています。生産性や道路の安全性の向上、道路の交通量の最適化、モビリティに関する新しいコンセプトの実現を可能にする実験場としての役割です。

 「トラック輸送とは、我々もよく知っているように、非常に高度な労働集約型産業です。 トラックの運転手は不足しています。 この点からも、トラックのプラトゥーニング テクノロジーは、港湾部門とトラック輸送業界の双方に生産性向上の機会をもたらします。 また、トラックの運転手がフリート オペレーターやマネージャーなど、より高度なスキルが求められる職種につく機会も広がります」とシンガポールの交通省事務次官であり自動道路交通委員会 (CARTS) 議長である Pang Kin Keong 氏は述べています。

自動運転
シンガポールでは、全陸地面積の実に 12% が、道路輸送と陸上交通のインフラに使用されています。

設計から路上テストまで

トラックのプラトゥーン走行テストは 2 段階で行われます。 第 1 段階では、トラックのプラトゥーニング テクノロジーを地域の状況に適合させるための設計、テスト、改良に重点が置かれています。 これらは、Scania と Toyota がそれぞれスウェーデンと日本にある自社の研究センターで既存の開発事業を活用して行います。

第 2 段階では、シンガポールでテクノロジーの現地テストと現地開発が行われます。

プラトゥーニング テクノロジーに対する Scania の投資

最近になって、Scania は 540 万ユーロ規模のヨーロッパの研究プロジェクト "Companion" にリード パートナーとして参加しました。このプロジェクトでは、トラックのプラトゥーニング テクノロジーを実際の路上に導入するためのシステムが開発されています。

現在 Scania は、大型車両間の無線通信の改良に取り組んでいます。これが実現すれば、安全性を確保したまま車間距離を縮め、車体の空気抵抗を減らし、燃料消費を削減することができます。

この目的を達成するため、Scania は通信テクノロジーのリーダーである Ericsson と連携しました。 Ericsson が持つソフトウェア、サービス、5G テクノロジーの専門知識により、新しい形のモビリティの実現が期待されます。