スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

音声を設計する

Scania のサウンド スタジオ

最高にピッチが合った仕事

しゃれた音や、 注意喚起のための音、 カチカチと刻むような音。 Scania には、このような車両用の音声を作る責任者がいます。Scania の社内サウンド デザイナーである Stefan Larsson です。

Stefan Larsson が音楽や音声に興味を持ったのは、家のピアノの鍵盤を叩いて遊び始めた 3 才のころです。 現在彼は、"大型車両" という少々びっくりするような分野でサウンド デザイナーの仕事を得たおかげで、音への情熱を仕事の中にうまく取り込んでいます。

近代的な運転席環境を生み出す

私たちは今、Scania のサウンド スタジオにいます。最新の音響環境ダンプニング (消音)、10 台ほどの試聴機、最高級の壁掛け式スピーカーなどの設備が備わっています。 隣接する部屋のガラス窓の向こうでは、Larsson がコントロール デスクの前に座って、音楽スタジオにあるサウンド ミキサーによく似た機械のスライド スイッチを調整しています。 Larsson の仕事用ツールには、キーボードや音楽ソフトウェア プログラムの Pro Tools が含まれていますが、ここで Taylor Swift の新曲を作曲するわけではありません。

「このスペースを使って、近代的な運転席環境の一部を形成する合成音声を作成しています」と説明しているのは、Scania の従業員で唯一 "サウンド デザイナー" の肩書きを持つ Larsson です。

「合成音声には、衝突警報やエンジン故障時の音のような警告音、インジケーターがオンになったときに鳴る音などのインタラクション トーンなど、さまざまな音声が含まれます」