ジャパン
Scania Euro 6

Scania Euro 6

新しい基準に準拠した先駆者

先駆的な同族経営

2012 年にフランスで最初に Scania Euro 6 車両を購入して登録したのは、Portmann 兄弟です。 この兄弟は現在、新しい排出ガス基準に準拠するための投資を継続しています。

Transports Portmann は同族経営事業です。 現在同社を経営している Portmann 兄弟は三代目です。 Transports Portmann はヨーロッパに 16 か所の拠点を持ち、600 人以上の従業員を擁しています。 本社はフランス東部のミュルーズにあります。 フリートは 450 台の車両で構成されており、そのうちの 150 台はセミトレーラーで、カーテンサイド、冷凍/冷蔵、コンテナ、ウォーキングフロアなどあらゆる種類が揃っています。

「私たちはフランスで最初に Scania Euro 6 を購入しました。その理由のひとつは燃費がよいことです」と Benoit Portmann は言います。 「私たちが購入した車両は、フェアリングや、最新の基準を満たすタイヤ、オートマチック トランスミッションなどのアクセサリがフル装備されています。どれもすべてうまく機能しています」

最新の排出ガス基準に準拠した車両を購入することにかけて、Portmann 兄弟は常に先駆者です。 本社がスイスとドイツの国境に近いということから、排出ガスに関する問題が法令準拠と経済の両方の観点から非常に重要な意味をもっているからです。

「最初に購入した Scania Euro 6 車両の走行距離は約 100,000 km で、大きな利益を生んでいます。 燃料消費の平均は 100 km あたり 29 ~ 30 リットル未満で、フリート全体の平均より約 2 リットル低くなっています。

100 km ごとに 2 リットルの燃料を節約できるということは、弊社の事業で約 1,500 万ユーロものコストを削減できるということです」と Benoit Portmann は言います。

「Scaniaの車両品質は信頼性が高く、運用コストは経済的です。また、ヨーロッパ全土に広がるサービスネットワークも重要な要素です。」

Transports Portmann の概要

Transports Portmann は、フランスに拠点を置く、包括的な輸送ソリューション サポート業者です。 輸送、物流、倉庫保管などのサービスを行っています。 同社はヨーロッパ中で事業を展開し、そのフリートは 450 台以上の車両で構成されています。 Transports Portmann では、燃費がよいという点から Scania Euro 6 を採用しています。

フリート: 450 台のトラック
Scania 車両の運転年数: 43 年
トラック 1 台あたりの年間平均走行距離: 125,880 km
従業員数: 629 人