日本
旧友

パートナーシップ

Scania 142

4,147,000 km信頼

トラックで十分な距離を走行したら、車両ではなく旧友のように感じ始めます。 これこそ Leif Eriksen さんが Scania 142 と経験している関係です。

1980 年代に製造された 14 リットル Scania V8 は 4,147,000 km という驚くべき記録を達成し、そのほとんどを Eriksen さんが運転しました。 その距離は月までの往復旅行を 5 回した距離と等しく、Eriksen さんは、運転していて故障したことはほとんどないと言っています。

「何年も付き合っていますが、問題が起きたことは一度もありません」と彼は言います。 「たくさんの距離を走行したので、もちろんすでに保証外です。 でも、定期的なメンテナンス以外で修理を受けたことはありません」

Eriksen さんはデンマークのユトランド半島にある Hadsund 市の出身で、土曜日はこのクラシック トラックの洗車や簡単な修理をしています。 彼はこの車両でとても長い時間を過ごしているので、運転しているときにスイート スポットがどこにあるかを正確に知っています。 「時速 80 ~ 85 km で快適に運転しています」と彼は言います。 「ちょうどいいスピードで、1 分間に約 1,500 の回転数です」

デンマークのビール醸造会社 Carlsberg に麦芽を輸送する仕事を含め、満足のいく仕事を楽しんだので、Eriksen さんはいつでも休息に入れる状態です。 「10 月に 70 歳になります。そろそろ引退の時期だと考えています」と彼は言います。