スカニアに連れて行って日本 .
詳細については、Scaniaマーケットサイトにアクセスしてください。.
日本

販売地域を選択してください

Select production unit visit our global site

販売地域
Production units

Scania について

Scania の概要

Scania は、100 以上の国で商用車とエンジンの販売とサービス行っているグローバル企業です。 ヨーロッパ、南米、アジアの各地に生産拠点を持ち、多くの市場でファイナンシャル サービスの提供も行っています。

49,000 人の従業員

Scania は、世界中で 18,400 人の従業員が販売とサービスに従事しており、世界 100 か国でお客様のビジネスに戦略的にかかわっています。 本社はスウェーデンのストックホルムから車で南に30分の街、セーデルテリエにあります。

研究開発

3,800 人の従業員が研究開発業務に従事し、お客様からの要望に応える高品質の製品およびソリューションを、発案から販売まで短いリード タイムで開発することを目標としています。

グローバルなサービス

Scania の中央購買部門はセーデルテリエにあり、中南米、インド、ロシア、中国にもそのオフィスがあります。 パーツの供給施設は、ベルギーのオフラブベーク、シンガポール、ブラジルのヴィニェードに置かれています。

Scaniaのコアバリュー (基本理念)

Scania の成功は、顧客優先、個人の尊重、無駄の排除、決意、団結心、誠実さという Scania の基本的価値観によるものです。 これらの価値観はScaniaの歴史において常に我々を導き、すべての事業・開発の基盤となってきました。今後もScania は、これらの基本的価値観に従って、より環境に優しい未来を目指し、エコシステムにおいて自らが果たすべき役割を追求します。また、それにより、Traton Group 社における Scania の地位向上も目指します。 これらの基本的価値観は、Scania の経営理念に必要不可欠なものとして揺るがずに存在し続け、環境に優しい輸送という分野において Scania のグローバル リーダーシップを構築するための礎となります。

顧客優先 Scania の成功は、お客様の成功があってこそのものです。 環境に優しい輸送システムという分野でお客様が勝者となるための最適なソリューションを提供するには、お客様のビジネスへの理解が不可欠です。 Scania のバリュー チェーンの中心にあるのは、お客様の運用効率であり、 その範囲は、車両、エンジン、サービスの研究開発、物資調達、生産から、販売、配送、資金調達まで多岐にわたっています。

個人の尊重 重要なのは、個人を一人一人尊重することです。 Scania では、作業方法を継続的に改善するために、各個人の知識、経験、熱意を引き出すことに努めています。 勤務中に思いついた新しいアイデアこそが、品質、効率、仕事の満足度の向上につながるからです。

無駄の排除 Scaniaでは、あらゆる分野において安全で高い品質の製品を送り出せるよう、全社を挙げて、継続的改善に取り組んでいます。目標値や基準値からどれだけ離れているかを理解できれば、無駄を特定し排除することができます。環境フットプリントを最小限に抑えつつ、常にフローや資源効率を最適化するための努力を怠りません。

決意 Scania は、次のレベルを超えて新たな次元に到達しようという志をもち、ひたすらに努力を重ねてきました。 革新的なソリューションを活用して課題に果敢に挑戦していることに誇りを持ち、常に経験から学ぶようにしています。 広い視野でものごとを捉えながら、細かい点にも配慮を怠らず、Scania 自身とお客様のために価値を創造しています。

チームスピリット 業界で No.1 になるという共通の目的のため、Scania では、世界中にいる従業員の力を結集して業務を遂行します。それぞれの違いや多様性は向上のための機会として捉え、積極的なやり取りを通して互いに成長していきます。同じ方向を目指すことで団結力が育まれます。

誠実さ 社会的責任があることを認識し、常に物事を正しい方法で行うよう常に努力しています。文化、基本的価値および理念に従って行動し、あらゆる法的基準とコンプライアンスを遵守します。Scaniaとお客様、ビジネスパートナー、社会との間に築かれた信頼は礎となり、Scaniaの最も重要な財産の一つになります。約束は必ず守り、自身の行動に責任を持ちます。

テイラーメイドのソリューション

Scaniaの独自に開発されたモジュラープロダクトシステムは、数十年にわたって開発されてきました。お客様のニーズに対して柔軟に取り組んできた、弊社のビジネスモデルにとって核心部分ともいえるシステムであり、最も重要な成功要因のひとつです。

詳細を見る